市川歩美さん(ショコラコーディネーター・チョコレートジャーナリスト)のおすすめ!

チェック

アートのように繊細な手作りショコラを新月に!

おいしそうおいしそう!9
ピンポーン。(あ、のりこさんのチョコレート)。

玄関先でチョコレートを手にすると、ここのところ私はいつもにっこり。

「今月はどんなチョコレート?」

ノリコさんのチョコレートボックスは毎月中身が違う手作り。毎月、きれいだなぁ、おいしいなぁ、と独り言をいいながら楽しんでいる私がいます。

店舗はなく、オンライン販売。チョコレート作りを手がけるショコラティエールの山崎のりこさんは、もともとはアパレル関係のデザイナーでした。

イメージを形にするため、五感をフルに使って探求してきた。そんな人だからこそのセンスが、チョコレートに現れているような気がします。

「ノリコーショコラ」のおすすめは、毎月、新月の頃に自宅に届く「新月ショコラ」です。

5個入りのチョコレートボックス。新月は新しいことを始めるのにふさわしい時期といわれますから、美味しいチョコレートで幸せにスタートを切ってほしいと、との願いが込められています。

月ごとに、チョコレートの味もデザインもかわるので毎月楽しみ。

例えば4月の新月に合わせて発売されている「新月ショコラ」も魅力的なセット。文旦・みかん・レモンという3つの柑橘を使った一粒、ラズベリーとフィグ、くるみとライチリキュール組み合わせた1粒など。

風味のよいプラリネは手作りで、季節のフルーツはなるべく無農薬のものを選び、香り高いコンフィチュールも手作りです。

ファンの方はよく「愛情がつまっているのが好き」「丁寧に作られているのがよくわかる」「甘すぎないのが好き」とおっしゃるそうで、なるほどですが、私は加えて、のりこさんの「おいしいものを作って届けたい」というピュアで強い心持ちをあげたいです。よい素材選びも洗練されたバランスも、そこから来るものなのでしょう。

毎回、チョコレートの説明と一緒にメッセージが書かれているのも楽しいのでぜひ読んでください。4月のテーマは「スマイル」。いま世界が大変な時期だからこそ、ショコラでスマイル、したいですね。

チョコレートはすべて、のりこさんが都内の工房で1人で手作りしたものです。一度召し上がって気に入ったら、毎月チョコレートが届く6ヶ月コース、12ヶ月コースもとてもおすすめ。私はすっかり毎月、新月の頃が楽しみになってしまいました。

【編集部注】
5月の新月ショコラは、5/23頃、発売予定です。

おいしそう!と思ったらクリック♪

9

おいしかったらクリック♪

3件

市川歩美さん
(ショコラコーディネーター・チョコレートジャーナリスト)
お問い合わせはこちら >>

大学卒業後民間放送局に入社、ディレクターとして多数の番組を企画・制作。ショコラ愛好家歴は25年以上で、現在はチョコレートジャーナリスト、ショコラコーディネーターとして雑誌、ラジオ、TV、情報サイトなどで活躍。東洋経済オンライン執筆者、オールアバウトのチョコレートガイドもつとめる。チョコレート情報サイト「Chocolate Journal」を主催。
[ウェブサイト]:Chocolat Lover's Net*Chocolate JournalInstagramTwitter

[近況報告]
先月からおとりよせできるおすすめチョコレートを私のサイトChocolate Journalでも紹介しています。自宅でもおいしいチョコ、楽しみましょう!
(20.05.13)

達人・市川歩美さんのおすすめ

お取り寄せの達人TOPへ
【ご注意】
記載されている情報は2020年05月13日現在のものです。
掲載当時から情報が変更されている場合・すでに商品が購入できない場合がございます。
ご了承ください。
 
メルマガ登録

※ご登録の際は、個人情報取り扱い同意書に同意のうえ、ご登録いただきます。

メールマガジンについて、詳しくはこちら

貴ショップ&商品、掲載しませんか?
【ショップ運営のみなさま】 貴店の逸品を「おとりよせネット」に掲載しませんか。 掲載ご希望の方はこちら