市川歩美さん(ショコラコーディネーター・チョコレートジャーナリスト)のおすすめ!

チェック

歴史と信頼ある和光のチョコレートをギフトに

おいしそうおいしそう!9
銀座四丁目交差点にある和光は、日本のチョコレートを語る上で欠かせない存在です。

日本で初めて、自家アトリエメイドのフランス風ボンボンショコラを作って販売したのが和光。和光のチョコレート専門店「ショコラ・ド・パリ」が開店したのは、1988年1月29日のことです。

今でこそ、銀座に海外のチョコレートブランドが集まっていますが、和光は日本で高級チョコレートが一般的になる、10年以上も前から、宝石のようなチョコレートをアトリエで手作りし、人々を魅了してきました。

多くの方に愛され続ける和光のチョコレート。中でもまず味わっていただきたいのは「ショコラ・フレ」です。

「ショコラ・フレ」は、一粒チョコレート、いわゆるボンボンショコラのことです。「フレッシュなチョコレート」と名付けられたのは、当時はそれが特別なものだったから。

このチョコレートが生まれた当時、日本には、今のような、果実などのフレッシュな材料を使ったチョコレートはめずらしく、賞味期限の長いタイプが一般的でした。名前から、日本のチョコレートの歴史が伺えます。

吟味した材料を使い、チョコレート専門の自家アトリエで一粒一粒手作り。今回おすすめするのは30種類以上の「ショコラ・フレ」のなかの、人気の10粒をセレクトしたセットです。

格調高く、美しいパッケージの中に並ぶ、きれいなチョコレートは、箱をあけた途端に喜びがあります。

午後のティーサロンを想わせてくれる「アールグレイ」、プラリネとオレンジがハーモニーを奏でる「セビリア」、「フランボワーズ」も「ジャンドゥジャ カフェ」も……。

どれもすべてが美味しくて、私は味わうたびに幸せになります。年齢や性別を問わず、どんな方に差し上げても喜んでいただけることでしょう。

ゴールドが上品なパッケージ。きれいに結ばれたリボン。改まった方へのギフトにもふさわしい、30年以上変わらない日本の高級チョコレートです。

おいしそう!と思ったらクリック♪

9

おいしかったらクリック♪

9件

市川歩美さん
(ショコラコーディネーター・チョコレートジャーナリスト)
お問い合わせはこちら >>

大学卒業後民間放送局に入社、ディレクターとして多数の番組を企画・制作。ショコラ愛好家歴は25年以上で、現在はチョコレートジャーナリスト、ショコラコーディネーターとして雑誌、ラジオ、TV、情報サイトなどで活躍。東洋経済オンライン執筆者、オールアバウトのチョコレートガイドもつとめる。チョコレート情報サイト「Chocolate Journal」を主催。
[ウェブサイト]:Chocolat Lover's Net*Chocolate JournalInstagramTwitter

[近況報告]
チョコレートシーズンの到来ですね!バレンタインはもちろん、ホワイトデーにもおすすめできるチョコレートを今月はご紹介いたします!
(21.02.10)

達人・市川歩美さんのおすすめ

お取り寄せの達人TOPへ
【ご注意】
記載されている情報は2021年02月10日現在のものです。
掲載当時から情報が変更されている場合・すでに商品が購入できない場合がございます。
ご了承ください。
 
メルマガ登録

※ご登録の際は、個人情報取り扱い同意書に同意のうえ、ご登録いただきます。

メールマガジンについて、詳しくはこちら

貴ショップ&商品、掲載しませんか?
【ショップ運営のみなさま】 貴店の逸品を「おとりよせネット」に掲載しませんか。 掲載ご希望の方はこちら