早乙女孝子さん(薬膳料理研究家)のおすすめ!

チェック

ココロときめく!見て、食べておいしいフルーツパフェ大福

おいしそうおいしそう!88
2020年がそろそろ終わりを迎えようとしています。当たり前にできていたことができなくなり、考え方や生き方までもガラリと変えてしまうほどに、コロナウィルスに振り回された1年でした。

そんななかでも家族と過ごす時間が増えたことで、子どもの成長を改めて感じたり、しぐさや言動に癒されるなど、小さな喜びをたくさん発見できました。また、単調になりがちな家ごもりですが、「お取り寄せ」に救われることもありました。

食べたことのないおかずやスイーツ、思い出の地で食べた懐かしの食事を取り寄せることで、気分を変えることができ、暮らしにメリハリをつけることができました。「お取り寄せ」の魅力に気付けたのも大きな収穫です。

そして、まだまだ予断を許さぬ状態が続くであろう2021年。私のイチ押しお取り寄せは、家ごもり生活でも心がときめくこと間違いなし、フルーツパフェ大福「鴻池花火」です。

おすすめポイント、その1。見た目の美しさにテンションアガる!

見た目はコロンとした大きめの大福ですが、まず断面を見てください!

まるでキャンバスのような生クリームを彩る赤、紫、黄色といった鮮やかなフルーツたち。そして、それらをぐるりと囲む羽二重餅とあんこの額縁。夜空に輝く花火をモチーフにしたというのも、うなずいてしまう納得の美しさです。

第一印象を良い意味で裏切ってくれる、心おどるような色鮮やかなスイーツ。在宅生活のお茶タイムに出せば、家族が笑顔になること間違いなしですよ。

おすすめポイント、その2。パフェの魅力がギュッとつまっている!

パフェは見た目の美しさはもちろんですが、食べていて楽しくなるような、さまざまな具材が繰り広げるハーモニーも魅力です。

こちらの大福は、フルーツパフェ大福という名の通り、ブルーベリー、オレンジ、バナナ、フランボワーズ、パイナップルと、全部で五種類ものフルーツが入っています。

そのフルーツのフレッシュな酸味を、ほどよい甘さの生クリームが引き立たせ、さらにあんこのなめらかな甘みがアクセントとなることで、酸っぱさと甘さの絶妙なバランスを味わうことができます。

さらに食感のハーモニーが素晴らしいんです。餅、あんこ、スポンジ、生クリーム、5種類のフルーツが「せーのっ!」で味わえる、満足度の高い大福なんです。まさに、小さなパフェ。

昨今人気の「パフェ活」ですが、2021年は手軽に楽しめるフルーツパフェ大福をぜひお試しください!

おいしそう!と思ったらクリック♪

88

おいしかったらクリック♪

147件

早乙女孝子さん
(薬膳料理研究家)
お問い合わせはこちら >>

栃木県出身。自身の体調不良をきっかけに東洋医学と出会い、北京中医薬大学日本校で薬膳を学び、国際中医薬膳師に。「薬食同源」の本場中国に留学し薬膳やベジタリアン中国料理等を習得。帰国後、広告・雑誌・ラジオを中心に薬膳料理や健康&美容アドバイスを行う。身近な食材を利用した「毎日食べたい薬膳料理」が好評で、著書『冷え知らずのしょうがレシピ』(PHP研究所)等がある。
[ウェブサイト]:まいにち、薬膳料理生活「漢方の知恵を毎日の食卓に いつもの食材効能&レシピ帖」

[近況報告]
著書『いつもの食材 効能&レシピ帖』が電子書籍になりました。春におきやすい花粉症、頭痛などの不調を防ぐ食材や調理法、薬膳料理をご紹介しています。アマゾン、楽天などで絶賛発売中ですので、ぜひご覧ください。
(21.04.23)

達人・早乙女孝子さんのおすすめ

お取り寄せの達人TOPへ
【ご注意】
記載されている情報は2020年12月03日現在のものです。
掲載当時から情報が変更されている場合・すでに商品が購入できない場合がございます。
ご了承ください。
 
メルマガ登録

※ご登録の際は、個人情報取り扱い同意書に同意のうえ、ご登録いただきます。

メールマガジンについて、詳しくはこちら

貴ショップ&商品、掲載しませんか?
【ショップ運営のみなさま】 貴店の逸品を「おとりよせネット」に掲載しませんか。 掲載ご希望の方はこちら