嶋啓祐さん(フードビジネスデザイナー)のおすすめ!

チェック

奥出雲葡萄園の100%ブドウジュースを使った、忘れられない味!

おいしそうおいしそう!8
島根県松江市。山陰地方を代表する歴史ある町は、名君と呼ばれる松江藩主松平不昧公ゆかりの地はお茶と器、そして和菓子が有名な静かなところです。

松江は全国的にみても有数な和菓子処で、総務省統計局による「平成19年家計調査報告」では、金沢に次いで全国2位。

一世帯あたりの和菓子購入金額は全国平均の1.5倍で、お茶と和菓子がセットで楽しむ慣習があり、昔から続く和菓子文化を現代に伝承しています。

和菓子も時代に合わせて変化し、伝統製法による味わいから、現代風の和菓子へ変化しつつあると感じる昨今、定期的にお取り寄せできる商品がリリースされています。これまでは奥出雲葡萄園の果汁生産の関係で期間限定だったものが、通年で楽しめるようになりました。

「果樹園の恵み」。

これは隣接する雲南市の、全国的に有名なワイナリー「奥出雲葡萄園」で作られる果汁100%のジュースがベースになっています。

ブドウジュースに、これまた出雲地方の特産品である干しイチジクを浮かせて、ラムレーズン入りの羊羹と二層仕立てで作られている、風流堂としては新しい試みのスイーツです。

ゼリーであり、羊羹でもある不思議な食感の奥から沸き立つのは、ブドウといちじくの品のいい甘さ。そこにラムの香り漂う羊羹があとから追いかけていく、そんなイメージですね。

アイスクリームやヨーグルトを添えるとまるでレストランでサービスされるデザートのような味わいが生れるでしょう。みかん、りんごといった日常的なフルーツとの組み合わせも新鮮です。

また、パンの上にスライスした果樹園の恵みをバターと一緒に乗せて軽く火を入れると! トロリとしたバターの風味、味わいと果樹園の恵みの品のいい甘みが見事に溶け合い、それはもう……

私はこの食べ方が一番好きで、まさに至福の時間。休日の朝には極上の朝食になること間違いなしです。

松江の和菓子を代表する風流堂の新たな取り組みは始まったばかり。華やかな洋菓子にはない落ち着いた和菓子は、「果樹園の恵み」に次代の和スイーツの姿をみることができます。松江の老舗和菓子店から、日本の食文化をみることができます。

食生活が大きく変化している現在、気持ちを落ち着けてくれるやさしいスイーツは欠かせないものかもしれません。「果樹園の恵み」は、まさに和スイーツの恵みともいえるでしょう。

おいしそう!と思ったらクリック♪

8

おいしかったらクリック♪

0件

嶋啓祐さん
(フードビジネスデザイナー)
お問い合わせはこちら >>

全国の食材や加工品をPRするフードビジネスデザイナー。自然、風土、生産者、素材、そして料理人とその先にいる顧客、食に関わるすべての方が幸せになるような「フードデザインによる地方創生」を仕事にしている。おとりよせの達人ほか、02年よりオールアバウトにてフレンチガイド、ぐるなびのippinキュレーターを務める。北海道出身。
[ウェブサイト]:All About フレンチガイド

[近況報告]
今年はいつになく花粉症がキツクてこれまで以上にマスク生活にどっぷり。4月には収まってるといいなあ、花粉もコロナも。
(21.04.05)

達人・嶋啓祐さんのおすすめ

お取り寄せの達人TOPへ
【ご注意】
記載されている情報は2021年04月05日現在のものです。
掲載当時から情報が変更されている場合・すでに商品が購入できない場合がございます。
ご了承ください。
 
メルマガ登録

※ご登録の際は、個人情報取り扱い同意書に同意のうえ、ご登録いただきます。

メールマガジンについて、詳しくはこちら

貴ショップ&商品、掲載しませんか?
【ショップ運営のみなさま】 貴店の逸品を「おとりよせネット」に掲載しませんか。 掲載ご希望の方はこちら