平岩理緒さん(スイーツジャーナリスト)のおすすめ!

チェック

爽やかな抹茶の香りが魅力!古都・金沢発「和」のバタークリームサンド

おいしそうおいしそう!6
金沢の「洋菓子工房ぶどうの木」は、JR金沢駅のショッピングモール「金沢百番街あんと」内にも店舗があり、北陸新幹線を利用する際に、お土産を買うのにも便利です。けれども、できればぜひ一度、こちらの本店を訪ねていただきたい。私も何度か伺っていますが、その名のとおり、ぶどう園を営む広大な敷地内にあり、そこにはフレンチやイタリアンのレストラン、さらにチャペルも併設され、ウェディングパーティーなども開催可能。ゆったりと過ごせる、とても気持ちのよい空間です。

実は、東京・銀座に本店のある「銀座のジンジャー」なども、同じグループ会社となります。私も、洋菓子店のイメージをずっと持っていたのですが、2007年、「まめや金澤萬久」という和洋菓子ブランドの店舗を東京にもオープンされたことで、石川県内には品質の高い「豆」の生産農家さんがいらっしゃることを知りました。

もともと、このお店の看板商品である「緑のぶどうのクリームサンド」が好きだったのですが、「かなざわ濃茶クリームサンド」は、言ってみれば、日本人に昔から愛されるレーズンサンドの製法と、地元産の「和」の素材を掛け合わせたお菓子。“加賀百万石”と称される前田家の藩祖・前田利家公以来、茶の湯文化が栄えた金沢の地にぴったりの、和の趣きに富んだバタークリームサンドです。

中身のクリームには、金沢の老舗茶商で、江戸時代の安政6年(1859年)創業という「野田屋茶舗」の上質な抹茶をふんだんに使用。「濃茶」と言うのにふさわしく、濃厚に練り上げています。さらに、ほっくりと炊かれた能登大納言小豆をアクセントに散りばめ、それらを挟むサブレも、もちろん抹茶入りです。

冷蔵庫から出したてだとクリームがひんやりして、それもまた夏向けの味わい。少し常温に戻してからいただくと、抹茶の持つ豊かな香りが、よりしっかりと感じられます。サブレがサクサクしすぎず、クリームとほどよい具合になじんで少ししっとりしているため、口の中で違和感なくクリームと混じり合って、ほろほろととけていきます。

春夏時期には、水出しの冷茶などと共にさっぱりといただくのもお勧めです。一方、あえてコーヒーなどと合わせても、抹茶本来のほのかな甘みが引き立てられ、意外な相性のよさを発揮します。

6個入りと12個入りがあるので、用途に合わせて選ぶことができます。新茶の季節に合わせ、初夏の手土産やおもてなしのお菓子として喜ばれそうですね。

おいしそう!と思ったらクリック♪

6

おいしかったらクリック♪

0件

平岩理緒さん
(スイーツジャーナリスト)
お問い合わせはこちら >>

スイーツ情報WEB「幸せのケーキ共和国」主宰。スイーツジャーナリストとして全国銘菓に精通し、TV・雑誌等各メディアで発信。「All About」スイーツガイドも務める。イベント企画や司会、企業や自治体のスイーツ開発など幅広く活動。セミナーや製菓系学校での講師も務める。TVチャンピオン「デパ地下グルメ選手権」優勝。著書に『東京最高のパティスリー』(ぴあ)、『まんぷく東京 レアもの絶品スイーツ』(KADOKAWA)等。『厳選スイーツ手帳』・『厳選ショコラ手帖』(世界文化社)を監修。
[ウェブサイト]:幸せのケーキ共和国All About スイーツガイド『まんぷく東京 レアもの絶品スイーツ』&『東京最高のパティスリー』監修本『厳選スイーツ手帖』(世界文化社)監修本『厳選ショコラ手帖』(世界文化社)「おいしいマルシェ」(「人気店の定番スイーツ」vol.10)月1回「よみうりカルチャー横浜」でお取り寄せスイーツ講座開講中!

[近況報告]
「おいしいマルシェ」byおとりよせネットの連載「人気店の定番スイーツ」、第10回目は、創業70周年を迎える北海道の人気店で、夏にぴったりの品をご紹介!
(19.08.07)

達人・平岩理緒さんのおすすめ

お取り寄せの達人TOPへ
【ご注意】
記載されている情報は2019年05月08日現在のものです。
掲載当時から情報が変更されている場合・すでに商品が購入できない場合がございます。
ご了承ください。
 
メルマガ登録

※ご登録の際は、個人情報取り扱い同意書に同意のうえ、ご登録いただきます。

メールマガジンについて、詳しくはこちら

貴ショップ&商品、掲載しませんか?
【ショップ運営のみなさま】 貴店の逸品を「おとりよせネット」に掲載しませんか。 掲載ご希望の方はこちら