香取薫さん(インド・スパイス料理研究家 有限会社食スタイルスタジオ代表取締役)のおすすめ!

チェック

チャイにピッタリな茶葉の、おすすめナンバーワンです。

おいしそうおいしそう!6
この紅茶は私が料理教室を始めた頃からかれこれ20年以上、ずっとチャイに使っている茶葉です。ケニヤの紅茶でインドのチャイ?と思われるかもしれませんね。それが、それがですね、理由を述べますから読んでくださいよ、いくつも理由があるのです。

まずは形状。かなり細いのです。そもそもインドでのチャイの起こりはティーファクトリーで出たダストティー。それをミルクたっぷりで甘くして飲んだわけですね。だからインドの路上の(こういうところが本当に美味しい)チャイ屋台で使っているのも粉茶のようなタイプです。見ただけで「濃く」出ることがわかるこの細かさこそ、ピッタリ。

次に、この茶葉が無農薬だということも重要な要素です。チャイの作り方のコツはまず欲しい量の半量強の水でよーく茶葉を煮立てて濃く渋く抽出することだと私は思っています。そのあとでもう半分、牛乳を入れて再度沸かして、砂糖で甘めに味付けをして茶こしで漉す、というもの。牛乳を入れるのは必ず後にしてくださいね。なぜなら牛乳のタンパク質が茶葉にくっついてしまうと味が外に出なくなるから。そして牛乳を入れる前にしっかりしっかりグツグツ煮てください。で・・・ですからね、無農薬の葉じゃないとなんだか農薬を煎じているような気持ちになるわけです。これが二番目の理由です。

そしてもう一つ。この茶葉をケニヤで栽培されているのは日本人で丸川さんという方。この男性が現地で茶園を手がけ、その売り上げの中から現地の子供達の奨学金を出しているのです。どのような援助をしているかを昔は「ケニヤからの手紙」という印刷物で箱買いした商品の中に入ってやってきていました。今ではホームページから様子を読むことができます。私のインド料理教室ではこのウェブ版になった「ケニヤからの手紙」を印刷してファイルし、生徒さんたちが誰でも読めるようにしてあります。寄付というものはこのようにちゃんと支持者さんたちに報告ができるということがとても大事だと思います。安心してサポートできますよね。

と、いうわけで、オススメいたします!この紅茶を。

おいしそう!と思ったらクリック♪

6

おいしかったらクリック♪

0件

香取薫さん
(インド・スパイス料理研究家 有限会社食スタイルスタジオ代表取締役)
お問い合わせはこちら >>

料理教室キッチンスタジオペイズリー主宰。インド料理、スリランカ料理、アーユルヴェーダ料理を広めるために研鑽の日々。多くのカレー店主や料理家、インストラクターを育てる。著書『はじめてのインド家庭料理』講談社『家庭で作れるスリランカのカレーとスパイス料理』、『家庭で作れる南インドのカレーとスパイス料理』河出書房新社、他多数。TV出演「キユーピー3分クッキング」など。
[ウェブサイト]:キッチンスタジオペイズリーFacebooktwitter

[近況報告]
2018年11月、デリーから飛行機で北へ向かい更に車で山道をヒマラヤ方面に3時間の山岳地帯の英語も通じない農村に料理修行に行ってきました。水道もガスもなく火力は薪。初心に還る実りある旅でした。
(18.12.10)

達人・香取薫さんのおすすめ

お取り寄せの達人TOPへ
【ご注意】
記載されている情報は2016年12月19日現在のものです。
掲載当時から情報が変更されている場合・すでに商品が購入できない場合がございます。
ご了承ください。
 
メルマガ登録

※ご登録の際は、個人情報取り扱い同意書に同意のうえ、ご登録いただきます。

メールマガジンについて、詳しくはこちら

貴ショップ&商品、掲載しませんか?
【ショップ運営のみなさま】 貴店の逸品を「おとりよせネット」に掲載しませんか。 掲載ご希望の方はこちら