甲斐みのりさん(文筆家)のおすすめ!

チェック

ぷっくりの厚みで、バターの風味たっぷり

おいしそうおいしそう!204
兵庫県豊岡市へ定期的に赴くようになったのは、2012年の秋頃からです。豊岡市には、日本のお菓子の神様「田道間守命(たじまもりのみこと)」を祀る神社の総本社「中嶋神社」があり、毎年4月には「菓子祭り」が開催されています。私は20代の頃から、日本のお菓子の研究をライフワークとしているため、その菓子祭りにゲストとして招いていただいたり、東京から豊岡市に移住した友人の漫画家・ひうらさとるさんと、古い映画館でトークショーをおこなったり。最初は仕事がきっかけでしたが、次第に豊岡に暮らす方々と親しくなり、プライベート旅行でも訪れるようになりました。

豊岡は、日本屈指の情緒ある温泉街・城崎や、蕎麦が有名で但馬の小京都と呼ばれる出石、国登録有形文化財 「兵庫縣農工 銀行豊岡支店」をリノベーションしたオーベルジュ「豊岡1925」がある豊岡市街地など、見処があちらこちらに。名所を巡りながら美味しいものを食べ歩き、温泉に身を沈めると、日頃の疲れた体が休まります。

そこで出会った大好きなお店が「Sweets&Books キノシタ」。初めての訪問はオープンの数日前で、お菓子の試作やお店の準備をしていたとき。お菓子の販売はもちろんのこと、子ども連れでも安心してお菓子やお茶を味わえるブックカフェスペースを併設しているとあって、地元の人が楽しみにしているのだと、豊岡市役所の職員さんに案内していただいたのです。

店主は、趣味のお菓子作りが高じてお店を持つに至った木下大さんと、本や子どもが大好きな木下公香さんご夫婦。豊岡は、野生のコウノトリが生息するほど、のどかな風景が広がっていますが、木下さん夫婦はおおらかな豊岡そのもののお人柄。お二人の穏やかさが、お菓子の味やお店の雰囲気ににじみ出ています。

オープンからしばらくしてお店を再訪した際、新たな名物としていただいたのが「レーズンバターサンド」。ぷっくら厚みのある姿が、店主夫婦のまあるい心と重なります。素材には、家族みんなで安心しておやつの時間を過ごせるように、国産小麦を使用。さっくり優しい歯ごたえのクッキーで、四つ葉バターたっぷりのクリームを挟み、クリームの周りには大粒の自家製ラムレーズンを。決して知人だからというわけでなく、これまで食べたレーズンサンドの中でも、とびきりのおいしさです。

先日お取り寄せした際には、到着した日に会う友人にもおすそ分け。食事に向かう前でしたが、レーズンバターサンドを見せた途端、友人は「我慢できない!」と、パクリ。「まるで濃厚なチーズのような後味!これはワインにも合うね」と、酒飲みならではの感想に、私もにんまり。そう、コクのあるバタークリームとラムレーズンの組み合わせは、洋酒とも好相性。個人的にはウイスキーとの組み合わせがお気に入り。お取り寄せはクール便で届きますが、ひんやりのままも格別です。

おいしそう!と思ったらクリック♪

204

おいしかったらクリック♪

412件

甲斐みのりさん
(文筆家)
お問い合わせはこちら >>

旅、散歩、お菓子、手みやげ、クラシックホテルや建築、雑貨や暮らしなどを主な題材に、書籍や雑誌に執筆。著書は『地元パン手帖』『お菓子の包み紙』など35冊以上。
[ウェブサイト]:Louletwitter

[近況報告]
近著は『歩いて、食べる 東京のおいしい名建築さんぽ』(エクスナレッジ)。7月6日には『たのしいおいしい 京都ごはんとおやつ』(朝日新聞出版)が発売となります。
(18.06.28)

達人・甲斐みのりさんのおすすめ

お取り寄せの達人TOPへ
【ご注意】
記載されている情報は2017年12月19日現在のものです。
掲載当時から情報が変更されている場合・すでに商品が購入できない場合がございます。
ご了承ください。
 
メルマガ登録

※ご登録の際は、個人情報取り扱い同意書に同意のうえ、ご登録いただきます。

メールマガジンについて、詳しくはこちら

貴ショップ&商品、掲載しませんか?
【ショップ運営のみなさま】 貴店の逸品を「おとりよせネット」に掲載しませんか。 掲載ご希望の方はこちら