早乙女孝子さん(薬膳料理研究家)のおすすめ!

チェック

フレッシュな甘酸っぱさがたまらない、信州産あんずの贅沢スイーツ

おいしそうおいしそう!12
私があんずをはじめて食べたのは、果物屋さんではなく、駄菓子屋さんのものでした。

それは、駄菓子屋の片隅に置いてあった、そっけないビニールの袋に入ったあんずのジャム。

梅干しのような味なのかなぁと想像しながら、はしっこを切って絞り出すように食べてみると、口の中いっぱいに広がる強烈な甘酸っぱさに、幼い私はとりこになりました。

それ以来、駄菓子屋へ行くと、まずあんずのジャムをかごに入れてから、ほかのお菓子を買うようになりました。

しかし、それから時が流れ、駄菓子屋に通う年齢を過ぎてしまった私は、あんずのお菓子を食べる機会がすっかりなくなってしまいました。

それが結婚後、長野県へ訪れることが増えると、あんずがぐっと身近な存在になったのです。

長野県の千曲市は日本一のあんずの生産地といわれています。そのため長野県のお土産屋さんには、あんずを使ったお菓子やジャムなど名産品がたくさん置かれています。

またあんずは、皮が薄く、痛みやすいことから、なかなか生の状態で見かけることはありませんが、初夏に訪れればフレッシュなあんずを食べることも可能なんです。

それからというもの、長野県を訪れると、あんずのお菓子を購入するのが楽しみのひとつになりました。

その中からお取り寄せしてでもリピートしたくなったのが、今回ご紹介する「杏もなか」と「杏花の実」です。

信州千曲ブランド認定商品に指定されている「杏もなか」は、パリッと心地よい軽さの最中の中に、信州産のあんずをペースト状に練りこんだ餡がたっぷり入っています。

この餡が、とっても杏なんです! トロリとした食感で、フレッシュなあんずの香りと甘酸っぱさがたまらなく美味しい!

そのままでももちろんおいしいですが、冷凍庫で冷やすと食感が変わってアイスのようになり、暑い日のデザートにおすすめです。

もうひとつの「杏花の実」は、大粒のあんずをまるまる使った贅沢な逸品。やわらかくとろけるような実からは杏仁の濃厚な香りが漂い、あんずのもうひとつの魅力を伝えてくれます。

製造されている「杏花堂」さんは、信州産でとれたあんずのお菓子を数多く取り扱われている、地元でも人気のお菓子屋さんです。

ほかにも、魅力的な杏のお菓子がたくさん販売されているので、ぜひチェックしてみてくださいね!

おいしそう!と思ったらクリック♪

12

おいしかったらクリック♪

6件

早乙女孝子さん
(薬膳料理研究家)
お問い合わせはこちら >>

栃木県出身。自身の体調不良をきっかけに東洋医学と出会い、北京中医薬大学日本校で薬膳を学び、国際中医薬膳師に。「薬食同源」の本場中国に留学し薬膳やベジタリアン中国料理等を習得。帰国後、広告・雑誌・ラジオを中心に薬膳料理や健康&美容アドバイスを行う。身近な食材を利用した「毎日食べたい薬膳料理」が好評で、著書『冷え知らずのしょうがレシピ』(PHP研究所)等がある。
[ウェブサイト]:まいにち、薬膳料理生活「漢方の知恵を毎日の食卓に いつもの食材効能&レシピ帖」

[近況報告]
「月刊クーヨン 6月号」(クレヨンハウス)で免疫力をあげて梅雨に打ち勝つ薬膳レシピを紹介しています。
(20.07.02)

達人・早乙女孝子さんのおすすめ

お取り寄せの達人TOPへ
【ご注意】
記載されている情報は2020年04月02日現在のものです。
掲載当時から情報が変更されている場合・すでに商品が購入できない場合がございます。
ご了承ください。
 
メルマガ登録

※ご登録の際は、個人情報取り扱い同意書に同意のうえ、ご登録いただきます。

メールマガジンについて、詳しくはこちら

貴ショップ&商品、掲載しませんか?
【ショップ運営のみなさま】 貴店の逸品を「おとりよせネット」に掲載しませんか。 掲載ご希望の方はこちら