滝村雅晴さん(パパ料理研究家・株式会社ビストロパパ 代表取締役)のおすすめ!

チェック

そのままで離乳食にもなる、北海道の太陽の味がするトマトジュース

北海道の道南にある北斗市。そこで平成20年に有機農産物JAS認証とJGAP認証を取得し、露地・施設で20品目以上の有機野菜栽培されているのが「しみず農園」の清水さん。

道南で食育活動をされているNPO団体に案内されこの地を訪れた。そして、トマトジュースが美味しいのだと教えてくれた。

手入れされた畑で、なす、ズッキーニ、きゅうり、ゴーヤなど夏野菜が育つ時期に、青果業者や飲食店、一般消費者から特に人気の野菜が「ミニトマト」。これがあまりの人気で、通年味わってもらえるようにと生まれたのが「ミニトマトでつくったトマトジュース」だ。

1瓶180mlの中に、ミニトマトが20個詰まっている。煮て、裏ごしされ、種や皮を取り除いた、100%ミニトマトだけのトマトジュース。塩も入っていない。だから離乳食にも使える。医者からも「飲む点滴」と言われるとか。

父がトマトジュース好きで、実家の冷蔵庫に必ずトマトジュース缶が冷えていた。特にビールと割って飲むレッドアイが好きで。お陰で、私も飲みにいくとレッドアイを好んで飲んだ。

そんな、日々慣れ親しんだトマトジュース味を忘れるぐらい、しみず農園のトマトジュースは濃く、甘く、力強かった。

鼻から抜けるトマトの香りがいい。あと味まで楽しめる。飲み干すのが残念に思うぐらいだ。

毎日トマトジュースを飲んでいる妻も声をあげた。ミニトマトだけで作られていて、何も味つけはされていないことを伝えると二度びっくり。

トマトは種類によって、酸味と甘みのバランスがまちまち。このトマトジュースは、ジュースにあった品種を選んで、最も美味しい時期に加工したこだわりのジュース。地元の人たちにも愛されている。

農薬を使わない有機JAS農法で、丁寧に育てられたミニトマト。北海道の大地と太陽と清水さんの愛情が詰まったトマトジュースは、自分が飲むだけではなく、誰かに飲んで感動してもらいたい。

滝村雅晴さん
(パパ料理研究家・株式会社ビストロパパ 代表取締役)
お問い合わせはこちら >>

「パパが料理をすることで、家族が幸せになる」世の中づくりのために、日本で唯一の「パパ料理研究家」として、料理教室、メディアでの連載・出演、一澤信三郎帆布コラボエプロン・子供用エプロン販売など、パパ料理の普及・啓蒙活動を行う。ブログ「ビストロパパ ~パパ料理のススメ~」は1600日以上連続更新中。
[ウェブサイト]:ビストロパパ・オンラインショップオフィシャルブログ「ビストロパパ ~パパ料理のススメ」株式会社ビストロパパ「絵本ごはん」プロジェクト日本パパ料理協会公式HPNHKラジオ第一「すっぴん!」パパっとパパ料理家庭内魚食推進プロジェクト 47fish(ヨンナナフィッシュ) Facebookページ47fishオンラインストアパパ飯士たちのパパ料理日誌「飯士の包丁~父飯日誌~」毎日投稿中!ビストロパパのインスタグラム

[近況報告]
北海道食材セット付きのオンライン料理教室が人気!ピザ、オムライス、カルボナーラなど。貴重な道南食材を自宅にお届け。企業・労働組合・自治体向けにビストロパパ社と北海道のNPOと企画運営しています。

■ビストロパパ社のオンライン料理教室サービス
https://www.bistropapa.jp/service/onlineservice
(22.07.01)

達人・滝村雅晴さんのおすすめ

お取り寄せの達人TOPへ
【ご注意】
記載されている情報は2021年07月02日現在のものです。
掲載当時から情報が変更されている場合・すでに商品が購入できない場合がございます。
ご了承ください。
 
メルマガ登録

※ご登録の際は、個人情報取り扱い同意書に同意のうえ、ご登録いただきます。

メールマガジンについて、詳しくはこちら

貴ショップ&商品、掲載しませんか?
【ショップ運営のみなさま】 貴店の逸品を「おとりよせネット」に掲載しませんか。 掲載ご希望の方はこちら