滝村雅晴さん(パパ料理研究家・株式会社ビストロパパ 代表取締役)のおすすめ!

チェック

カツオと塩100%。西伊豆に残る伝統の「塩鰹」から生まれた調味料

おいしそうおいしそう!2
学生時代、バイクで全国を回った。その時、伊豆の海の綺麗さに感動したことがきかっけで、夏休みにバイトをし、貯めたお金で温泉巡りをした。

あれから30年近くたった今、仕事で伊豆に訪れることになった。また、あの海が見られる。

当時とは違い、今回はバイクではなく、新幹線で三島まで。乗り換えて修善寺に。そこからバスで1時間30分。久しぶりに訪れた伊豆は、夕陽の町「西伊豆町」だ。

旅の目的は、カツオ節の起源ともいわれる「潮鰹」の製造現場への取材。西伊豆の田子では、縄文時代からカツオ漁が行われていた。1300年以上も昔の時代から、カツオ節の製造が行われていたとか。

「潮鰹」は、カツオを丸ごと塩に漬けこみ、乾燥させて作られるカツオの乾干し塩蔵品だ。生産者は、田子にあるカネサ鰹節商店。その日は、解凍した丸のカツオの頭を切り落とし、さばいて網籠に入れ、茹でる作業が行われていた。

創業1882年のカネサ鰹節商店。5代目店主の芹沢さんに、潮鰹を料理の食材として活用する食べ方を教えてもらう。

地元で潮鰹は正月の神棚に供えられる保存食。そのまま炙って食べると塩辛い。だから、そのまま食べるのではなく、調味料として活用するのがいい。炊き立てのごはんにかけたり、お茶漬けにしたり。小さく刻んでごはんと炒めれば絶品チャーハンに。

そんな、潮鰹そのものを粉末にした調味料がカツオ風味満載の「ふりかける潮鰹」だ。潮鰹が手軽に料理に活用できる。炊き立てごはんに振りかけて作るおにぎりは絶品。唐揚げや天ぷらなどの揚げ物に、パラりとかけてもいい。豆腐、炒飯からパスタまで、パパっとかけるだけでカツオのうま味が加わり、絶妙な味になる

20代のころの旅の思い出は、バイクを乗りながら見た景色だった。それが今では、地元の人の仕事や生活とともに生まれる味や香りになった。カツオ節を味わうたびに、西伊豆を思い出す。次は家族で夕陽を見に行こう。

おいしそう!と思ったらクリック♪

2

おいしかったらクリック♪

1件

滝村雅晴さん
(パパ料理研究家・株式会社ビストロパパ 代表取締役)
お問い合わせはこちら >>

「パパが料理をすることで、家族が幸せになる」世の中づくりのために、日本で唯一の「パパ料理研究家」として、料理教室、メディアでの連載・出演、一澤信三郎帆布コラボエプロン・子供用エプロン販売など、パパ料理の普及・啓蒙活動を行う。ブログ「ビストロパパ ~パパ料理のススメ~」は1600日以上連続更新中。
[ウェブサイト]:ビストロパパ・オンラインショップオフィシャルブログ「ビストロパパ ~パパ料理のススメ」株式会社ビストロパパ「絵本ごはん」プロジェクト日本パパ料理協会公式HPNHKラジオ第一「すっぴん!」パパっとパパ料理家庭内魚食推進プロジェクト 47fish(ヨンナナフィッシュ) Facebookページ47fishオンラインストアパパ飯士たちのパパ料理日誌「飯士の包丁~父飯日誌~」毎日投稿中!ビストロパパのインスタグラム

[近況報告]
日経新聞でも紹介された、自宅のキッチンで料理を学ぶパパの料理塾オンライン。毎週末開催中。ネットで学びその場で質問、家族と食べる。新しい学びのスタイルです。法人・自治体・団体向けも実施中です。

■パパの料理塾オンライン
https://www.bistropapa.jp/juku
(20.10.06)

達人・滝村雅晴さんのおすすめ

お取り寄せの達人TOPへ
【ご注意】
記載されている情報は2020年09月25日現在のものです。
掲載当時から情報が変更されている場合・すでに商品が購入できない場合がございます。
ご了承ください。
 
メルマガ登録

※ご登録の際は、個人情報取り扱い同意書に同意のうえ、ご登録いただきます。

メールマガジンについて、詳しくはこちら

貴ショップ&商品、掲載しませんか?
【ショップ運営のみなさま】 貴店の逸品を「おとりよせネット」に掲載しませんか。 掲載ご希望の方はこちら