嶋啓祐さん(フードビジネスデザイナー)のおすすめ!

チェック

PUREという言葉がぴったりの究極のアイスは奥出雲から!

おいしそうおいしそう!16
島根県と言えば出雲大社。神話の世界に登場する神様として余りにも有名ですが、肥沃な山間部の土地には小規模ながら酪農や農業がしっかり根付いて高品質の作物を生み出しています。

広島県に近い中国山地の麓、飯南町。ご存じの方はほとんどいないかもしれません。田舎の中の田舎といってもいいほどの、のんびりとした山里です。寒暖の差が大きく高品質な野菜が採れることで知られている、オーガニックな雰囲気の町なんです。

その素朴な町で地元の素材を活かしたスイーツの開発に余念がないのが、ラムネMILK堂の本田社長とスタッフのみなさん。道の駅ぶなの里に併設する店舗で「森のギフトセット」として、アイスクリームやユニークなジュース類などを販売しています。休日には県外からもお客様が集まり、それはもう大賑わいです。私も何度も足を運ばせていただきました。

今回ご紹介させていただくのは、飯南町と隠岐の島町の素材を使ったコラボレーションアイスセットです。飯南町は山、隠岐の島町は海。朝絞りのミルクと隠岐の藻塩を使ったアイスは、暑い夏にはすーっと身体に吸い込まれていく、まさに逸品!ほのかな塩加減とフレッシュなミルクのミックス加減が絶妙であります。

本田社長曰く、牛乳の本来の美味しさをできる限りシンプルにアイスで表現したいと話し、さらに県内の特徴ある素材と組み合わせることにより、その魅力がさらに大きくなることを願い、アイスを軸に商品開発に力を入れています。

この季節のピュアなミルクアイスは濃厚さとは対局にあり、軽いけど余韻の長い味わいです。一見シャーベットかな?と思うほど軽やかなのですが、ミルク本来のシンプルさとさっぱりとした味わいが身体中に染み渡ります。それでありながら余韻が実に長い。

乳牛はとてもデリケートで季節ごとに生乳の味が変わります。夏場はさっぱりとした味わい。逆に冬場は濃厚に。飯南町の牛乳本来の味をストレートにシンプルに表現するために生産者の皆さまは自然、そして乳牛と向き合い日々「美味しさ」「自然との共生」を考えてお仕事をされています。

暑い夏がやってきました。ラムネMILK堂のアイスはすっきり爽やか、食べ飽きない優しい味わいです。普段の食卓のおやつに、ホームパーティーなどではきっとその味わいに納得することでしょう。

おいしそう!と思ったらクリック♪

16

おいしかったらクリック♪

15件

嶋啓祐さん
(フードビジネスデザイナー)
お問い合わせはこちら >>

全国の食材や加工品をPRするフードビジネスデザイナー。自然、風土、生産者、素材、そして料理人とその先にいる顧客、食に関わるすべての方が幸せになるような「フードデザインによる地方創生」を仕事にしている。おとりよせの達人ほか、02年よりオールアバウトにてフレンチガイド、ぐるなびのippinキュレーターを務める。北海道出身。
[ウェブサイト]:All About フレンチガイド

[近況報告]
そろそろいろんなことが動き始めてきました。焦らずゆっくりコツコツと。仕事もプライベートも癒してくれるのはおいしいものたち。これだけは変わりませんね。
(20.07.06)

達人・嶋啓祐さんのおすすめ

お取り寄せの達人TOPへ
【ご注意】
記載されている情報は2016年07月12日現在のものです。
掲載当時から情報が変更されている場合・すでに商品が購入できない場合がございます。
ご了承ください。
 
メルマガ登録

※ご登録の際は、個人情報取り扱い同意書に同意のうえ、ご登録いただきます。

メールマガジンについて、詳しくはこちら

貴ショップ&商品、掲載しませんか?
【ショップ運営のみなさま】 貴店の逸品を「おとりよせネット」に掲載しませんか。 掲載ご希望の方はこちら