スイーツなかのさん(スイーツ芸人)のおすすめ!

チェック

白黒の赤福が誕生!江戸から令和に繋ぐ老舗の味!

よろスィーツ!スイーツ芸人のスイーツなかのです。

今でこそ、お菓子のお仕事をしていますが、子どもの頃はあんこが苦手で、和菓子はほとんど口にしていませんでした。

中学生になるかならないかくらいのとき。甘党の父が出張のお土産でよく買ってきていた赤福餅が、その日はなんだかどうしても食べてみたくなり、一つ口にしました。

舌触りの良さ、お餅との一体感、甘いのに全くしつこさがない。あんこって、こんなに美味しいのか!と感動したこと、いまでもよく覚えています。

それ以来、すっかりとあんこも和菓子も好きになり、きっかけを与えてくれた赤福餅には、いまでも感謝の気持ちでいっぱい。どちらかというと、粒あんよりこし餡が好きなのも、あの日の思い出が強いからなのかなと、たまに考えます。

そんな思い入れも強いお菓子なので、「白餅黒餅」発売のお知らせには、もう釘付けになりました。「え!白い赤福餅があるの!?」と、まずびっくり。さらに、黒と白のモノトーンの美しさにうっとり。お取り寄せ限定ということもあり、即座に購入しました。

実際に届いて開けてみると、箱の中に綺麗に並べられた白餅と黒餅のシルエットに感動。伊勢神宮神域をを流れる清流 五十鈴川をイメージした表面の三筋も、いつもより少し大人っぽい表情に見えました。

コロナ禍で沈んだ状況が続くなか、少しでも前向きに、明るい気持ちになってくれたら、と願いが込められて誕生した「白餅黒餅」。

白小豆を使った餡の白餅は、まろやかな甘さと柔らかなお餅の相性が良く、口の中で上品なまとまりを感じます。

黒砂糖味の黑餅は、定番の赤福餅と比べてみると、見た目は少し黒みがかかった印象。寄り添ってくれるような、親しみのある甘みで、ほっとするような美味しさです。

300年以上の歴史が続く赤福のなかでも、黒餅は江戸時代から明治のころまで作られていた赤福餅の復刻版とも言えるのでしょう。どこかレトロな味わいを抱くのも、そのような背景があるからかもしれません。

それに対して、白餅は平成になってから誕生した新しい味。なので、二種の詰め合わせには、過去から現在へと繋がっているような意味も込められていて、そのストーリー性にも心を打たれました。

長く続くお菓子には、世代を超えた共通言語のような役割があると思っています。ぼくがあの日食べた赤福餅のように、「白餅黒餅」にも、いろんな人の想いがのって愛されることでしょう。


【編集部注】
冬期(10月上旬~5月下旬)のみのお届けです。

スイーツなかのさん
(スイーツ芸人)
お問い合わせはこちら >>

東京都立川市生まれ。早稲田大学卒業後、吉本興業に所属。子どもの頃から好きだったお菓子を独学で勉強し、唯一無二のスイーツ芸人として活動をはじめる。10年間吉本で活動後、特注のパンケーキハットをトレードマークに幅広く活躍中。
老舗からコンビニまで多ジャンルの和洋菓子を一万種類以上食べ歩き、その確かな知識と情報で「林先生の初耳学」「メレンゲの気持ち」「スクール革命」など多数テレビ番組に出演。西武渋谷店では自ら企画した催事「奥渋ギフト」を開催、行政と取り組んだ監修商品を発売するなど、幅広いシーンで活動している。
[ウェブサイト]:スイーツ芸人スイーツなかののお菓子な日記TwitterInstagram

[近況報告]
Twitter、Instagramなどでスイーツ情報更新しているので、ぜひご覧ください。
(22.07.27)

達人・スイーツなかのさんのおすすめ

お取り寄せの達人TOPへ
【ご注意】
記載されている情報は2022年02月24日現在のものです。
掲載当時から情報が変更されている場合・すでに商品が購入できない場合がございます。
ご了承ください。
 
メルマガ登録

※ご登録の際は、個人情報取り扱い同意書に同意のうえ、ご登録いただきます。

メールマガジンについて、詳しくはこちら

貴ショップ&商品、掲載しませんか?
【ショップ運営のみなさま】 貴店の逸品を「おとりよせネット」に掲載しませんか。 掲載ご希望の方はこちら