スイーツなかのさん(スイーツ芸人)のおすすめ!

チェック

開発8年! 本場も認めたバスクチーズケーキ!

おいしそうおいしそう!46
よろスィーツ! スイーツ芸人のスイーツなかのです!

ぼくがオススメするチーズケーキは、今年のトレンドでもあるバスクチーズケーキです。バスクチーズケーキと呼ばれるものは、フランスとスペインの間にあるバスク地方のチーズケーキのことです。日本で作られているバスクチーズケーキは、スペインにあるバル文化発祥の地「サンセバスチャン」という街で誕生したチーズケーキがベースになっていることが多いです。

その数あるバルの中でも「ラ・ヴィーニャ」というお店で作るチーズケーキが特に有名で、ここのチーズケーキの味に惚れ込んで誕生したのが「バスクのチーズケーキ」。東京・渋谷「セバスチャン」のオーナーシェフ・川又さんは、ラ・ヴィーニャで出会ったチーズケーキを再現しようと試行錯誤を繰り返します。

牛乳、卵、生クリームなど素材選びからこだわって、よりラ・ヴィーニャのチーズケーキに近づけるためにクリームチーズは3種類をブレンドしています。様々なクリームチーズを試しブレンドを繰り返し、試作回数はなんと100回を超えたそう。それでも、フランスと日本の乳製品の違いから同じ味が再現できませんでした。

納得できずに2017年1月に川又さんが焼いたチーズケーキをラ・ヴィーニャのオーナーに持って行き食べてもらったところ、「その土地土地で原材料が変わるので、全く同じ物はできないけど、このチーズケーキはとてもおいしいですよ!」との声をもらいました。

その言葉をもとに、帰国後さらに試作を繰り返し『バスクのチーズケーキ』が誕生。開発をはじめてから、実に8年の月日が経っていました。この情熱、本当に凄い。

食べた時に感動したのが、外側の香ばしさと内側のレア度。瞬間的に美味しいと感じる食感でありながら、味わうほどに深みがひろがっていくのです。

チーズの旨味と焼き目のキャラメル感、とろりとした極上のくちあたりが、統一感をもって口の中で合わさる美味しさを、ぜひ体験してもらいたい!チーズのコクが力強いので、お酒と一緒に食べるのも向いてると思います。

「バスクのチーズケーキ」は直径18cmと大きいサイズですが、このサイズでないと外側のキャラメル感や内側のレア感が表現できないそうです。大人数で食べたい時など抜群に最高のチーズケーキなので、すっごくおすすめです! ナイスィーツ!

おいしそう!と思ったらクリック♪

46

おいしかったらクリック♪

34件

スイーツなかのさん
(スイーツ芸人)
お問い合わせはこちら >>

東京都立川市生まれ。早稲田大学卒業後、吉本興業に所属。子どもの頃から好きだったお菓子を独学で勉強し、唯一無二のスイーツ芸人として活動をはじめる。10年間吉本で活動後、特注のパンケーキハットをトレードマークに幅広く活躍中。
老舗からコンビニまで多ジャンルの和洋菓子を一万種類以上食べ歩き、その確かな知識と情報で「林先生の初耳学」「メレンゲの気持ち」「スクール革命」など多数テレビ番組に出演。西武渋谷店では自ら企画した催事「奥渋ギフト」を開催、行政と取り組んだ監修商品を発売するなど、幅広いシーンで活動している。
[ウェブサイト]:スイーツ芸人スイーツなかののお菓子な日記TwitterInstagram

[近況報告]
YouTube「SWEETS TV」のチャンネル登録よろスィーツ!
(21.05.26)

達人・スイーツなかのさんのおすすめ

お取り寄せの達人TOPへ
【ご注意】
記載されている情報は2019年07月09日現在のものです。
掲載当時から情報が変更されている場合・すでに商品が購入できない場合がございます。
ご了承ください。
 
メルマガ登録

※ご登録の際は、個人情報取り扱い同意書に同意のうえ、ご登録いただきます。

メールマガジンについて、詳しくはこちら

貴ショップ&商品、掲載しませんか?
【ショップ運営のみなさま】 貴店の逸品を「おとりよせネット」に掲載しませんか。 掲載ご希望の方はこちら