市川歩美さん(ショコラコーディネーター・チョコレートジャーナリスト)のおすすめ!

チェック

NY伝説のレストランのチョコレートは、誰もが笑顔になる幸せな美味しさ!

「Louis Sherry(ルイス・ シェリー)」は、1881年にオープンした、ニューヨークの伝説となったレストラン。サリンジャーの小説「ライ麦畑でつかまえて」の一説にもこのレストランが登場します。

洗練されたフランス料理とゴージャスな内装。上流階級の人々や、世界中のセレブリティが魅了され、ルイス・シェリーは社交場となっていました。

このレストランで、実は顧客の間で大評判だったのがデザートです。店内に小さなコンフィズリーがあり、特に人気を集めていたのがチョコレート。レストランがクローズした後も、オリジナルチョコレートのレシピだけは大切に継承されていきました。

そんな「ルイス・シェリー」のチョコレートが、日本で購入できるのを、私はとてもうれしく思っています。クラシカルで高級感あふれる、カラフルな缶入りのチョコレートは、ギフトにぴったり。とくに、私の好きなカラーは「ドラッパーピンク」で、12個入りは、ブランドのアイコンです。

チョコレートのほっとするようなおいしさも魅力。大粒で、甘すぎず、きっと誰もが笑顔になるしあわせなおいしさ。

代表的なチョコレートは、王冠型の「ストロベリーロマノフ」で、創業当時の人気デザートをチョコレートに仕立てたものです。ストロベリーとオレンジリキュールのガナッシュをミルクチョコレートでコーティング。「フルールドセルキャラメル」は、貝の形。とろ〜りとおいしい塩キャラメルがミルクチョコレートの中に入った、人気の一粒です。

巻き貝の形のピスタチオディブロンテは香ばしいピスタチオのガナッシュ、魚の形のガナッシュは芳醇なラムが香ります。

一粒一粒が、ブローチや指輪のよう。まるでアンティークジュエリーのような存在感です。19世紀にヨーロッパで本格的に学んだレシピ、とされるチョコレートたちが、ニューヨークで洗練されたものとなり、130年以上の時を超えて、現代へ。

チョコレートが辿ってきた歴史と、当時の面影を今に伝えてくれる、品格ある「ルイス・シェリー」のチョコレート。私は、つややかなピンクの缶を手にとるたびに、とてもしあわせな気持ちになります。

市川歩美さん
(ショコラコーディネーター・チョコレートジャーナリスト)
お問い合わせはこちら >>

大学卒業後民間放送局に入社、ディレクターとして多数の番組を企画・制作。ショコラ愛好家歴は25年以上で、現在はチョコレートジャーナリスト、ショコラコーディネーターとして雑誌、ラジオ、TV、情報サイトなどで活躍。東洋経済オンライン執筆者、オールアバウトのチョコレートガイドもつとめる。チョコレート情報サイト「The Chocolate Journal」を主催。
[ウェブサイト]:Chocolat Lover's Net*The Chocolate JournalInstagramTwitter

[近況報告]
東京を拠点にしている私ですが、地方取材に出かけると新たな発見があってワクワク。最近は国内各地の魅力に目をむけています♪
(22.08.10)

達人・市川歩美さんのおすすめ

お取り寄せの達人TOPへ
【ご注意】
記載されている情報は2022年02月09日現在のものです。
掲載当時から情報が変更されている場合・すでに商品が購入できない場合がございます。
ご了承ください。
 
メルマガ登録

※ご登録の際は、個人情報取り扱い同意書に同意のうえ、ご登録いただきます。

メールマガジンについて、詳しくはこちら

貴ショップ&商品、掲載しませんか?
【ショップ運営のみなさま】 貴店の逸品を「おとりよせネット」に掲載しませんか。 掲載ご希望の方はこちら