清水美穂子さん(ブレッドジャーナリスト)のおすすめ!

チェック

人気ベーカリー御用達。職人さんたちがこだわる上質なハム

おいしそうおいしそう!22
フランスにあるスモークしていないハムをイメージして、今から30年ほども前に開発されたという、このシンプルなロースハムに出合ったのは、わたしがパン屋さんの取材を始めた頃でした。

良いサンドイッチは良いパンと良い具材で作られます。
人気ベーカリーを訪ねれば必ず、取材手帳に記される、「カントリーロースト」というその名前。
あのパン屋さんも、このパン屋さんも、みんな使っているんだなぁ、と気がつくまでに、そんなに時間はかかりませんでした。

田舎風ローストポーク、と説明がありますが、ハムというよりローストポーク。
余計な味がせず、あっさりとシンプルでありながらしっとりと深い旨味があるところなど、まるで上質なバゲットや食パンの説明のようになってしまうのですが、おのずとこれらのパンとの相性は抜群となるわけです。

カラシバターだけでふんわりとサンドイッチにしても、カリっとハムトーストにしても、フランス風にコンテチーズと合わせてバゲットにはさんでも、それはそれは素敵な一品になるのです。

どこでも売っている、というわけではないから、お取り寄せ好適品ですね。

おいしそう!と思ったらクリック♪

22

おいしかったらクリック♪

91件

清水美穂子さん
(ブレッドジャーナリスト)
お問い合わせはこちら >>

東京生まれ。おいしいパンとそれをつくる人びとを取材する一方で、日常の食事の愉しみ、bread+something good(パンと何かいいもの)を提案する日々。関連企画のコーディネート、執筆多数。総合情報サイトAll Aboutではパンのガイドを務める。著書に『おいしいパン屋さんのつくりかた』(ソフトバンククリエイティブ)『日々のパン手帖~パンを愉しむsomething good』(メディアファクトリー)。
[ウェブサイト]:Bread JournalAll About(パン)レッツエンジョイ東京FacebookInstagram

[近況報告]
12月に10年ぶりに本を出します。『BAKERS おいしいパンの向こう側』(実業之日本社)
パンを通して知る、つくり手の想いや生きかた。おいしいパンの向こうにある、さまざまな物語を綴りました。
(17.12.5)

達人・清水美穂子さんのおすすめ

お取り寄せの達人TOPへ
【ご注意】
記載されている情報は2013年03月14日現在のものです。
掲載当時から情報が変更されている場合・すでに商品が購入できない場合がございます。
ご了承ください。
 
メルマガ登録

※ご登録の際は、個人情報取り扱い同意書に同意のうえ、ご登録いただきます。

メールマガジンについて、詳しくはこちら

貴ショップ&商品、掲載しませんか?
【ショップ運営のみなさま】 貴店の逸品を「おとりよせネット」に掲載しませんか。 掲載ご希望の方はこちら