小関敦之さん(築地王・商品開発研究家)のおすすめ!

チェック

雲丹の専門店が作った、生雲丹を超えた雲丹の逸品!

おいしそうおいしそう!28
今回は、先日取材で行った函館で見つけた「雲丹の佃煮」をご紹介します。

佃煮はもともと冷蔵設備のない時代に、貝や小魚、そして海苔などを日持ちさせるために考えだされた保存食で、とっても濃い味つけがされたモノが一般的です。

そのため、せっかくの高級食材である雲丹を「佃煮なんかにしてしまうのはもったいない」と感じられる方も、少なくないように思います。

しかし、ご心配は無用です。
今回ご紹介する「雲丹の佃煮」を作っているのは、函館でも数少ない雲丹の専門店で、雲丹の扱いについては右にでるものはおりません。

「どうやったら雲丹の旨みを殺さず、生で食べる以上においしさを引き出すか」にこだわり、昆布など副原料を一切加えることなく、雲丹と調味料だけで仕上げられた雲丹の佃煮は、雲丹本来の甘みを残したやさしい味に仕上がっています。無論、しょっぱさとは無縁です。

お酒のおつまみに、ご飯のお供に、雲丹好きの方以外にも、ぜひお勧めしたい逸品です。

おいしそう!と思ったらクリック♪

28

おいしかったらクリック♪

16件

小関敦之さん
(築地王・商品開発研究家)
お問い合わせはこちら >>

TVチャンピオン築地王選手権優勝。以来、築地関連著書を発表する他、 雑誌寄稿、テレビの築地特集番組のブレーンを務めるなど、築地あるきの 第一人者として不動の地位を確立。同時に、独自の食人ネットワークを 活かし出版プロデューサーとして活動する傍ら、09年には「築地じこみの 魚の肴」でレシピ本デビューを果たす。また、商品開発研究家として、 「日経消費ウォッチャー」の新商品評価委員も務める。
[ウェブサイト]:築地市場を食べつくせ!

[近況報告]
十数年ぶりにゴルフを再開しました。昔のカンを取り戻すべく、練習場に通いましたが、一向に埒があきません。仕方がないので、生まれて初めてレッスンを受け初めて、一か月が経ちましたが、いまだ暗中模索です。(2013.12.19)

達人・小関敦之さんのおすすめ

お取り寄せの達人TOPへ
【ご注意】
記載されている情報は2013年07月22日現在のものです。
掲載当時から情報が変更されている場合・すでに商品が購入できない場合がございます。
ご了承ください。
 
メルマガ登録

※ご登録の際は、個人情報取り扱い同意書に同意のうえ、ご登録いただきます。

メールマガジンについて、詳しくはこちら

貴ショップ&商品、掲載しませんか?
【ショップ運営のみなさま】 貴店の逸品を「おとりよせネット」に掲載しませんか。 掲載ご希望の方はこちら