早乙女孝子さん(薬膳料理研究家)のおすすめ!

チェック

さわやかな春の香りがぎゅっと詰まったご飯のお友!

おいしそうおいしそう!67
山椒の佃煮といえば実を調理したものはよく目にしますが、ここ日光柏崎商店さんの佃煮は山椒の“葉”を使用しています。山椒の葉を佃煮にするには大きくなってしまうと筋が残り食べられないので、使われているのは春先に出る新芽のみ。トゲに注意しながら一枚一枚手摘みしなければならず、とても手間がかかるのだそうです。

山椒のまろやかな辛み、さわやかな風味を生かし調理されているので、白いご飯にとても合います。ご飯にそのままのせたり、お茶漬けにしたりと、常備しておくと何かと便利。特におすすめしたい食べ方は、おにぎりです。あつあつのご飯のなかに佃煮をいれて海苔を巻きます。食べる頃には山椒の風味がご飯になじみ、ひとくちほおばるとその香りで幸せな気分に。以前お花見のお弁当にした際とても評判がよく、今でもリクエストされる人気の一品です。

おいしそう!と思ったらクリック♪

67

おいしかったらクリック♪

2件

早乙女孝子さん
(薬膳料理研究家)
お問い合わせはこちら >>

栃木県出身。自身の体調不良をきっかけに東洋医学と出会い、北京中医薬大学日本校で薬膳を学び、国際中医薬膳師に。「薬食同源」の本場中国に留学し薬膳やベジタリアン中国料理等を習得。帰国後、広告・雑誌・ラジオを中心に薬膳料理や健康&美容アドバイスを行う。身近な食材を利用した「毎日食べたい薬膳料理」が好評で、著書『冷え知らずのしょうがレシピ』(PHP研究所)等がある。
[ウェブサイト]:まいにち、薬膳料理生活「漢方の知恵を毎日の食卓に いつもの食材効能&レシピ帖」

[近況報告]
本格的な秋の到来を前に、薬膳に頼りながら産後ケアを励んでいます。一人目より二人目の方が身体の回復が遅いような? そんな身体のトラブルを予防する食材とレシピをまとめた「いつもの食材効能&レシピ帖」(つちや書店)発売中です!
(19.10.01)

達人・早乙女孝子さんのおすすめ

お取り寄せの達人TOPへ
【ご注意】
記載されている情報は2010年03月12日現在のものです。
掲載当時から情報が変更されている場合・すでに商品が購入できない場合がございます。
ご了承ください。
 
メルマガ登録

※ご登録の際は、個人情報取り扱い同意書に同意のうえ、ご登録いただきます。

メールマガジンについて、詳しくはこちら

貴ショップ&商品、掲載しませんか?
【ショップ運営のみなさま】 貴店の逸品を「おとりよせネット」に掲載しませんか。 掲載ご希望の方はこちら