白木あきこさん(ウェルネスフードクリエーター)のおすすめ!

チェック

香り高く色鮮やかな抹茶をまとった和三盆の口福

おいしそうおいしそう!3
かなり長いおつきあいの三谷製糖さん。取り寄せることもありますが、たいていはデパートの催事をチェックして、ちょっとしたおもたせに、プチギフトに、もちろん家族で楽しむためにとまとめ買いをするのが常です。

季節を映す意匠のお干菓子と共に、好きで好きでたまらず、数え切れないくらい人に差し上げてきたのがこの「茶毬(ちゃまり)」。

大粒のスタンダードタイプと小粒タイプがありますが、ことに小粒のほうは、抹茶の風味が濃く感じられ、すぐに口の中でほどけ溶けていくため食べ出すと止まりません。

合わせるのはお煎茶が多いですね。抹茶×抹茶よりも茶毬の味わいがひきたつように感じます。

和三盆自体の上品な独特の甘みは素晴らしいものですが、この茶毬の発想はあるようでない斬新さと美味しさで、日本の代表銘菓としてもよいほどの価値があると思います。

お手前を習う以前の子供の頃から、和菓子と一緒にお薄をいただくことは実家の習慣でした。

抹茶の本当の香り高さや深い味わいを知ると、市販の抹茶スイーツはどうも風味が足りない気がして満足できないことが多く、気に入って定番にしたいものとの出会いはなかなかありません。

抹茶は、色も香りも空気に触れればどんどん劣化していきます。賞味期限も当然短くなります。

作りとしては和三盆に抹茶をまぶしてあるだけのシンプルさなのに、他で茶鞠と同じものを見かけたことがないのは、そういう難しさがあるからなのでしょうか。

近年、小粒タイプは箱入りの外観をそのままに、スタンダードタイプと同じアルミパウチ入りになり保存しやすくなりました。

和三盆そのままの「白」と一緒にいれられた「ひょうたん」が、贈答用に映えて見た目もきれいですが、自家用ならアルミパウチ入りが便利です。

今も昔も和三盆は高級品です。二百年以上、讃岐和三盆の伝統を守り続ける唯一のメーカーでもあり、素晴らしい和菓子屋でもある三谷製糖さんを心から応援しています。

わが家では料理に砂糖は使いませんが、お菓子作りなどここぞというときのために、こちらの袋入りの和三盆だけは常備しています。

重要有形民族文化財でもある「押し船」を使った歴史ある製法で手間暇のかかる和三盆作りを、いつか必ず見にいきたいと思っています。

全国各地の新茶が出そろう季節。日本ならではの香り高いお茶と共に、味わいたいどなたにも喜ばれる名品です。

おいしそう!と思ったらクリック♪

3

おいしかったらクリック♪

0件

白木あきこさん
(ウェルネスフードクリエーター)
お問い合わせはこちら >>

2000年に立ち上げたグルメサイトを2020年春「美食道.com」にリニューアル。分子栄養学、ローフード、認知症予防等を学び、新たに「ウェルネスフーズラボ」「認知症予防食.com」を立ち上げる。安全な美味にこだわり、美と健康のためのウェルネスフード研究と食レッスンを行っている。
[ウェブサイト]:美食道.com

[近況報告]
ちょうど緊急事態宣言前に帰郷した京都。新緑が美しい時季で、自然を楽しみながらもやっぱり食べ歩き! おとりよせできない生菓子を持ち帰り味わいましたが、早く新茶が飲みたいと思った次第。まさに今、ですね♪
(21.06.07)

達人・白木あきこさんのおすすめ

お取り寄せの達人TOPへ
【ご注意】
記載されている情報は2021年06月07日現在のものです。
掲載当時から情報が変更されている場合・すでに商品が購入できない場合がございます。
ご了承ください。
 
メルマガ登録

※ご登録の際は、個人情報取り扱い同意書に同意のうえ、ご登録いただきます。

メールマガジンについて、詳しくはこちら

貴ショップ&商品、掲載しませんか?
【ショップ運営のみなさま】 貴店の逸品を「おとりよせネット」に掲載しませんか。 掲載ご希望の方はこちら