平岩理緒さん(スイーツジャーナリスト)のおすすめ!

チェック

今、注目の「カカオパルプ」とは?九州産フルーツと融合させた新感覚チーズケーキ

2021年に注目を集めているトレンド食材として挙げられるのが、「カカオパルプ」。

チョコレートの原材料となる「カカオ豆」は、「カカオ」の果実の種であり、その周りを包むふわふわの白い果肉が「カカオパルプ」です。

甘酸っぱさとライチのような爽やかな香り、とろりとした食感が特長で、ビタミンB1などを多く含む、新感覚のトロピカルフルーツです。冷凍やパッケージ技術の向上もあって、日本でもフレッシュな状態のものを入手しやすくなりました。

最近、このカカオパルプを混ぜ込んだチーズケーキというものも登場し、チョコレートを混ぜたチーズケーキとは全く異なる、意外な味わいが大きな話題となっています。

「アトリエ キュイエール」の山﨑陽子さんは、福岡市でチョコレートを主とするお菓子教室を開催し、お店も始められた方。

私も、九州産のフルーツやハーブなど素材を活かしたボンボンショコラはいただいていましたが、夏にオンラインショップでこのチーズケーキを発見し、チーズケーキ&チーズ好きとしては見逃せない!と早速注文しました。

3層仕立てのチーズケーキは、上の白い層はカカオパルプ入りのサワークリーム。下の黄色っぽい層が、カカオパルプを加え焼き上げたベイクドチーズ。さらにどちらの層にも、カカオパルプと近い風味を持つライチのピューレもブレンドしています。

それが、宮崎県で稀少な国産ライチを作る農家さんによる、自家栽培品を加工したピューレだというのが、九州の地元素材を活かすことに長けた山﨑さんらしい!

土台の生地はアーモンドパウダーを使ったグルテンフリー。ローストしたカカオ豆を砕いたカカオニブを混ぜて焼いているので、カリカリした食感や、噛みしめると弾けるカカオの香りもアクセントになります。

軽やかでフルーティーなチーズケーキの中で、前面に出て主張するのではなく、カカオが持つ香りの奥行や余韻がしっかりと感じられる、チョコレート専門店ならではの一品。控えめながら芯の強い、大和撫子を思わせるカカオパルプの使いこなしを、ぜひ味わっていただきたいです。

1〜2月はボンボンショコラ製造販売の繁忙期のため、こちらのチーズケーキの販売はお休みされます。それ以外の時期は、大量に仕込むお店ではないので、たまたま「SOLD OUT」になっていることもあるかもしれませんが、再入荷通知を希望すれば、タイミングを逃さず入手しやすいです。

冬場は温かい飲み物と一緒に。お酒に合わせるならば、ウィスキーやブランデーなどとのペアリングがお勧めです。夏場はアイスティーやスパークリングワインなどと合わせると、いっそう爽やかな味わいに。一年を通じて楽しめます。

平岩理緒さん
(スイーツジャーナリスト)
お問い合わせはこちら >>

スイーツ情報WEB「幸せのケーキ共和国」主宰。スイーツジャーナリストとして全国銘菓に精通し、TV・雑誌等各メディアで発信。「All About」スイーツガイドも務める。イベント企画や司会、企業や自治体のスイーツ開発など幅広く活動。セミナーや製菓系学校での講師も務める。TVチャンピオン「デパ地下グルメ選手権」優勝。著書に『東京最高のパティスリー』(ぴあ)、『まんぷく東京 レアもの絶品スイーツ』(KADOKAWA)等。『厳選スイーツ手帳』・『厳選ショコラ手帖』(世界文化社)を監修。
[ウェブサイト]:幸せのケーキ共和国Yahoo!ニュース オーサーAll About スイーツガイド『まんぷく東京 レアもの絶品スイーツ』&『東京最高のパティスリー』監修本『厳選スイーツ手帖』(世界文化社)監修本『厳選ショコラ手帖』(世界文化社)「おいしいマルシェ」(「人気店の定番スイーツ」vol.44)月1回「よみうりカルチャー横浜」でお取り寄せスイーツ講座開講中!

[近況報告]
「おいしいマルシェ」byおとりよせネットの連載「人気店の定番スイーツ」第43回目は、ギフトにも大人気の果実のシャーベットをご紹介。40年以上愛される品ですが、実は、知る人ぞ知る進化をし続けています。
(22.06.01)

達人・平岩理緒さんのおすすめ

お取り寄せの達人TOPへ
【ご注意】
記載されている情報は2021年11月02日現在のものです。
掲載当時から情報が変更されている場合・すでに商品が購入できない場合がございます。
ご了承ください。
 
メルマガ登録

※ご登録の際は、個人情報取り扱い同意書に同意のうえ、ご登録いただきます。

メールマガジンについて、詳しくはこちら

貴ショップ&商品、掲載しませんか?
【ショップ運営のみなさま】 貴店の逸品を「おとりよせネット」に掲載しませんか。 掲載ご希望の方はこちら