スイーツなかのさん(スイーツ芸人)のおすすめ!

チェック

唱えると幸せになれる?スペインのクリスマス菓子ポルボロン!

よろスィーツ! スイーツ芸人のスイーツなかのです。

気付けば今年も残りわずか。本当に一年はあっという間です。ただ、洋菓子界では一年で一番忙しい季節、クリスマスがやってきます。ということで、今回はクリスマスにオススメのお菓子をご紹介します。

クリスマスといえばクリスマスケーキを浮かべますが、他にはどんなスイーツが浮かぶでしょう? お菓子に詳しい方なら、シュトーレンやパネトーネなど浮かべるでしょうか。最近では、海外のクリスマス伝統菓子も日本で浸透しつつありますよね。その中で、スペイン発祥のお菓子「ポルボロン」を知っている方はどれほどいるでしょうか?

スペイン・アンダルシア地方の伝統菓子「ポルボロン」は、口の中でホロッと崩れる食感が特徴の焼き菓子。実物を見ると、名前はわからなかったけど食べたことあるかも?!と思った方もいるかもしれませんね。今では一年中食べるようなお菓子なのですが、元々はクリスマスの季節になると食べられていたお菓子だったそうです。

ご紹介するのはマヨルカのポルボロン。マヨルカはスペイン・マドリードにて、1931年に創業した老舗グルメストアです。スペイン王室御用達のお店でもあり、日本だと二子玉川に店舗があります。そんな本場スペイン仕込みの本格的なポルボロン。ポルボロンはほろりと崩れる繊細なお菓子ですが、この食感は小麦粉を焼きラードを加え作られているためです。

マヨルカのポルボロンは、ホロっとした食感の中で、心地良い粘り気のある舌触りがあり、ラードのコクがふわっと広がっていきます。味わいながら、ほんのりとスパイシーな風味も感じられ、独特な甘さはまたひとつひとつと口に運びたくなる。こちらのセットにはプレーン以外にも、コーヒー、ココナッツ(季節よって変わります)と3種類のフレーバーがあるので食べ比べも楽しめます。

そして、もう一つ注目なのが包み紙。キャンディを包むような可愛いデザインですよね。実はこれにも意味があります。ポルボロンは形が崩れやすいため、包み紙の外からぎゅっと握って固めてから食べるのだそう。それくらい崩れやすいお菓子なので、ぜひ一口でパクッと食べるのがオススメ!

そして、ポルボロンはもうひとつ面白い言い伝えがあります。食べた時に、口の中で崩れないうちに「ポルボロン、ポルボロン、ポルボロン」と3回唱えることができると、幸せになれるという言い伝えがあるのです。なんて、ロマンチック! ちょっとしたクリスマスプレゼントにポルボロンはぴったりですし、食べる時にこんなお話をしたら、きっとその場が盛り上がるでしょう!

マヨルカのポルボロンは包装もオシャレなので、これからの季節にぜひ使ってみてくださいね。

ナイスィーツ!

スイーツなかのさん
(スイーツ芸人)
お問い合わせはこちら >>

東京都立川市生まれ。早稲田大学卒業後、吉本興業に所属。子どもの頃から好きだったお菓子を独学で勉強し、唯一無二のスイーツ芸人として活動をはじめる。10年間吉本で活動後、特注のパンケーキハットをトレードマークに幅広く活躍中。
老舗からコンビニまで多ジャンルの和洋菓子を一万種類以上食べ歩き、その確かな知識と情報で「林先生の初耳学」「メレンゲの気持ち」「スクール革命」など多数テレビ番組に出演。西武渋谷店では自ら企画した催事「奥渋ギフト」を開催、行政と取り組んだ監修商品を発売するなど、幅広いシーンで活動している。
[ウェブサイト]:スイーツ芸人スイーツなかののお菓子な日記TwitterInstagram

[近況報告]
Twitter、Instagramなどでスイーツ情報更新しているので、ぜひご覧ください。
(22.07.27)

達人・スイーツなかのさんのおすすめ

お取り寄せの達人TOPへ
【ご注意】
記載されている情報は2019年11月27日現在のものです。
掲載当時から情報が変更されている場合・すでに商品が購入できない場合がございます。
ご了承ください。
 
メルマガ登録

※ご登録の際は、個人情報取り扱い同意書に同意のうえ、ご登録いただきます。

メールマガジンについて、詳しくはこちら

貴ショップ&商品、掲載しませんか?
【ショップ運営のみなさま】 貴店の逸品を「おとりよせネット」に掲載しませんか。 掲載ご希望の方はこちら