スイーツなかのさん(スイーツ芸人)のおすすめ!

チェック

高級チョコレート屋さんがつくる大人のコーヒーゼリー!

おいしそうおいしそう!16
よろスィーツ! スイーツ芸人のスイーツなかのです。

こちらのコーヒーゼリーを手掛けるのは、「JOHN KANAYA(ジョンカナヤ)」。2013年、東京・恵比寿に旗艦店が誕生し、ショコラ好きの中でも人気の高いショコラトリーです。ジョンカナヤを語る上で欠かせないのは、麻布にあったフランス料理店「西洋膳所 ジョンカナヤ 麻布」。今はなき伝説のレストランであり、オーナーのジョン金谷鮮治さんのダンディズム精神はショコラを通して語り継がれています。

まさに大人のためのチョコレート屋さんであり、コーヒーゼリーもリッチな味わいに仕上がっています。

商品名の「カサブランカ」とは、ニカラグアにあるカサブランカ農園のコーヒーを使っているということ。もともとジョンカナヤグループのホテルでは、ドリップコーヒー「カサブランカ」が提供されていた背景もあり、コーヒーゼリーにも使われています。

カサブランカのもつ繊細な味わいと余韻を残しながらも「苦いコーヒーゼリー = 大人のコーヒーゼリー」という図式にはならないように試行錯誤を重ね、苦味や甘味のバランスを大切にしたそう。コーヒーゼリー自体の味にフォーカスしつつ、ブランデーの「ヘネシーV.S」を加え、食べた時の奥深さを演出しているのが素晴らスィーツ!

ひとつはストレートのコーヒーゼリーですが、もうひとつは「ホワイトチョコレートソース」を重ねています。当初はビターやミルクチョコレートで試作しましたが、どうしても味が喧嘩してしまったそう。

そこで、コーヒーにミルクや砂糖を入れるように味をまとめることができるホワイトチョコレートを使うことに。ジョンカナヤのボンボンショコラにも使用しているベルギー産ホワイトチョコレートを重ねて、よりリッチなまろかやな甘さを楽しむことができます。

パッケージデザインにもひと工夫あり、パッと見た時に「絶対にコーヒーゼリーに見えないこと」を意識。「ジョンカナヤ麻布」のイラストが大きくデザインされた、高級感もありながら清涼感のあるゴールドの色彩もナイスィーツ! プレゼントされたら、まさかコーヒーゼリーだとは思わないですよね。事実、ぼくも最初は全くコーヒーゼリーだとは思わなかったです(笑)。

目上の方やお世話になった方など、そういう方への贈り物にぴったりの大人のコーヒーゼリーです。ナイスィーツ!

おいしそう!と思ったらクリック♪

16

おいしかったらクリック♪

11件

スイーツなかのさん
(スイーツ芸人)
お問い合わせはこちら >>

東京都立川市生まれ。早稲田大学卒業後、吉本興業に所属。コンビ解散後、自分が熱中できるものを探究しようと、子どもの頃から好きだったお菓子を独学で勉強する。
特注のパンケーキハットをトレードマークに、唯一無二のスイーツ芸人として活動を開始。老舗からコンビニまで多ジャンルの和洋菓子を一万種類以上食べ歩き、その確かな知識と情報で「林先生の初耳学」「メレンゲの気持ち」など多数テレビ番組に出演。
西武渋谷店では自ら企画した催事「奥渋ギフト」を開催、行政と取り組んだ監修商品を発売するなど、幅広いジャンルで活躍中。
[ウェブサイト]:スイーツ芸人スイーツなかののお菓子な日記TwitterSWEETS TV〈スイーツなかの〉Instagram

[近況報告]
YouTube「SWEETS TV」みてくださいー!
https://www.youtube.com/channel/UC2GUdm13bRqc5k2QTqsCZ-g
(21.04.28)

達人・スイーツなかのさんのおすすめ

お取り寄せの達人TOPへ
【ご注意】
記載されている情報は2019年06月26日現在のものです。
掲載当時から情報が変更されている場合・すでに商品が購入できない場合がございます。
ご了承ください。
 
メルマガ登録

※ご登録の際は、個人情報取り扱い同意書に同意のうえ、ご登録いただきます。

メールマガジンについて、詳しくはこちら

貴ショップ&商品、掲載しませんか?
【ショップ運営のみなさま】 貴店の逸品を「おとりよせネット」に掲載しませんか。 掲載ご希望の方はこちら