長船クニヒコさん(おかわりJAPAN 主宰)のおすすめ!

チェック

料亭の味をご自宅で。有名料亭で修業を積んだ料理人の自信作。

新米の季節到来。コロナ禍で迎える2回目の新米シーズンです。

さまざまな制限の中で生活していると息が詰まることも多いですが、こんな生活の中だからこそ出会えたご飯のお供も多々あります。

敷居が高くていけなかったレストランや、距離的時間的に行くことが難しかった飲食店のグルメが、お取り寄せできるようになりました。

今回紹介するじゃこ佃煮も、実店舗で名物として提供されているもの。今年6月にオンラインストアでの販売が始まったばかりの商品です。

製造元は味福あさの。広尾にある小料理屋。ホテルニューオータニ「なだ万」やルネッサンス札幌ホテル「日本料理花城」で修行を積んだ料理人、浅野さんが家庭料理を振る舞ってくれます。

お店の名物でもあり、店主一番の自信作である「じゃこ佃煮」。じゃこ佃煮とは、いわゆるちりめん山椒。静岡県産の特上しらす干しに生山椒、酒、味醂、醤油を使用した、シンプルであれながら贅沢な味わい。

店主の浅野さんに取材をすると、その言葉からすごい自信が伝わってきます。この商品を知ったきかけも「おかわりJAPANさんに、自称日本一のじゃこ佃煮をぜひ食べてほしい」という店主からのご連絡。

ご飯のお供専門家として活動していると試食してほしいという連絡を多くいただきますが、“自称日本一”と推されることはそうそうないですね。ただ、そういうアプローチのされ方は、好きか嫌いかでいうと…… 大好きですね。

オンラインショップのラインナップを覗いてみると商品は「じゃこ有馬煮」と「じゃこ七味煮」の2種類のみ。商品ラインナップからも「じゃこ佃煮だけでやっていける」という力強い信念が伝わってきます。

小ぶりでしっとりしたじゃこと山椒のピリッと刺激とさわやかな香り。王道のちりめん山椒。 うっとりする美味しさ。

メディア受けしそうなインパクトがあるネーミングや味付けではなく、しみじみと「あ、美味しい」を感じることができるご飯のお供(こういう地味だけ本物志向の商品は、テレビではなかなか取り上げてもらいにくいので、このおとりよせネットで伝えていきたい)。

料亭のシメで提供されるちめりめん山椒を、自宅で味わえると想像してください。それだけで価値のある商品です。

じゃこ佃煮はご飯にのせるだけなく、お茶をかけてのお茶漬け、茹で立てのうどん、パスタに絡めても良し、おつまみに半熟卵を半分に切って上乗せて食べたり、豆腐に乗せての冷奴、卵焼きオムレツの具として卵に混ぜ合わせて焼いたり、茹でたての野菜にあえておひたしにしたり、楽しみ方も多数。

食欲の秋に期待以上の仕事をしてくれるご飯のお供です。

長船クニヒコさん
(おかわりJAPAN 主宰)
お問い合わせはこちら >>

日本各地の美味しいご飯のお供を紹介するブログ「おかわりJAPAN」主宰。北は北海道から南は沖縄県まで、全国津々浦々の「これさえがあればご飯が進む!」を探求し続け、今までに食べた”ご飯のお供”の種類は600種類以上。
その地域に伝わる伝統的なご飯のお供から、創意工夫尽くされたあっと驚く新感覚なお供まで、さまざまなご飯のお供の魅力をブログにて発信しています。ご飯のお供達人としてメディア出演も多数。
[ウェブサイト]:おかわりJAPAN初プロデュース「ごはんにのせるとん汁」

[近況報告]
6月1日にご飯のお供の専門ECサイト「おうちでご飯のお供展 おかわりJAPAN商店」をオープンしました。
https://okawarijapan-store.jp/
(22.07.15)

達人・長船クニヒコさんのおすすめ

お取り寄せの達人TOPへ
【ご注意】
記載されている情報は2021年10月18日現在のものです。
掲載当時から情報が変更されている場合・すでに商品が購入できない場合がございます。
ご了承ください。
 
メルマガ登録

※ご登録の際は、個人情報取り扱い同意書に同意のうえ、ご登録いただきます。

メールマガジンについて、詳しくはこちら

貴ショップ&商品、掲載しませんか?
【ショップ運営のみなさま】 貴店の逸品を「おとりよせネット」に掲載しませんか。 掲載ご希望の方はこちら