長船クニヒコさん(おかわりJAPAN 主宰)のおすすめ!

チェック

ゴロゴロの鯛の身と熱々のごはんに溶け出すバターの風味でおかわりが止まらない!!

おいしそうおいしそう!23
春ですね。この春にぜひ食べていただきたい、とっておきのご飯のお供を紹介します。

その商品名は「糸島味噌バターっ鯛」。具材の「鯛」と、博多弁でよく使われている「〇〇ったい」とをかけてつけられた商品名がユニークで印象的です。

ご飯のお供の分類でいうと“おかず味噌”のジャンルですね。お味噌の中に具材が入っていてご飯にのせたり、おにぎりの具材としたり、野菜につけたり、ときには炒めものの調味料として使ったり。食卓の名バイプレイヤーとも呼べる存在。

この商品が作られている福岡県糸島は、天然真鯛の漁獲高がなんと8年連続日本一。しかし残念ながら、その事実はあまり知られていない。

糸島の真鯛の魅力を全国に伝えるために、漁業関係者、料理人、そして女子校生が協力し、商品化されたのが「糸島味噌バターっ鯛」。この商品のレシピを考案した料理人の方が、ひとつひとつ手間ひまかけて製造されている、手作りのご飯のお供です。

味噌バターっ鯛のおすすめポイントは二つ。

まずは鯛の身のゴロゴロ感。鯛の割合はなんと40%以上。瓶からスプーンですくいあげると鯛の身がぎっしり詰まっているのが伝わってきます。

おかず味噌は、大きくわけて2種あります。味噌より具材の割合が多いタイプ。具材よりも味噌の割合が多いタイプ。

この味噌バターっ鯛は前者タイプ。個人的にはご飯のお供として食べるなら、具材が多いほうが断然おすすめですね(調味料として使うなら、後者の味噌が多いタイプ)。

なので、ご飯にのせて食べるとき、お味噌を食べているという感覚よりも鯛を食べている感覚が勝ります。

二つ目は味噌をまろやかにするバターの風味。瓶をあけたときにしっかり香るバター。味噌は味も香りも強い調味料ですが、それに負けないバターの風味。熱々のご飯にのせると、バターがジワリと溶けだします。

味噌が多めだと味が強くて飽きやすい傾向になりますが、バターをいれることで味噌の強い味がまろやかになり、いくら食べても飽きない。むしろバターの風味が箸を持つ手をどんどん進めてくれます。

糸島味噌バターっ鯛には、ブレーンのほかにもトリュフ味とゆず風味の計3種類があります。トリュフ味もパンチが効いていて美味しいですし、ゆず風味もさっぱりいただけます。ぜひ、糸島味噌バターっ鯛3姉妹も合わせてご賞味くださいませ。

おいしそう!と思ったらクリック♪

23

おいしかったらクリック♪

33件

長船クニヒコさん
(おかわりJAPAN 主宰)
お問い合わせはこちら >>

日本各地の美味しいご飯のお供を紹介するブログ「おかわりJAPAN」主宰。北は北海道から南は沖縄県まで、全国津々浦々の「これさえがあればご飯が進む!」を探求し続け、今までに食べた”ご飯のお供”の種類は600種類以上。
その地域に伝わる伝統的なご飯のお供から、創意工夫尽くされたあっと驚く新感覚なお供まで、さまざまなご飯のお供の魅力をブログにて発信しています。ご飯のお供達人としてメディア出演も多数。
[ウェブサイト]:おかわりJAPAN初プロデュース「ごはんにのせるとん汁」

[近況報告]
長男が2歳になりました。バスや電車が大好き。休日は行く当てもなく二人で、ただただバスに揺られています。
(21.06.17)

達人・長船クニヒコさんのおすすめ

お取り寄せの達人TOPへ
【ご注意】
記載されている情報は2021年04月01日現在のものです。
掲載当時から情報が変更されている場合・すでに商品が購入できない場合がございます。
ご了承ください。
 
メルマガ登録

※ご登録の際は、個人情報取り扱い同意書に同意のうえ、ご登録いただきます。

メールマガジンについて、詳しくはこちら

貴ショップ&商品、掲載しませんか?
【ショップ運営のみなさま】 貴店の逸品を「おとりよせネット」に掲載しませんか。 掲載ご希望の方はこちら