清水美穂子さん(ブレッドジャーナリスト)のおすすめ!

チェック

どこかノスタルジックなテイストのジャムクッキー

おいしそうおいしそう!38
口のなかで甘く儚くほろほろと崩れていく食感、イチゴやアンズのジャムの甘酸っぱい味わい。
ジャムクッキーそれじたいは決して珍しいものではないけれど、普通のクッキーとはちょっと違ってどこか懐かしい気がするのは、子どもの頃、絵本の中に出てきて憧れていたお菓子のイメージだからでしょうか。

「フィーカ」とはスウェーデンのコーヒーブレイクの習慣で、甘いお菓子でも食べながらちょと一服することだそうですが、
その語源はスウェーデン語のカーフィ(コーヒー)という言葉を逆から読んだことに始まっているというから、なにやら俗っぽくておもしろい。
「まいう~」みたいな感じですね。

フィーカの箱は中身によってそのデザインが異なり、どれも北欧風の色合いがとびきりかわいいので、
手土産やちょっとした贈り物にもおすすめです。

おいしそう!と思ったらクリック♪

38

おいしかったらクリック♪

198件

清水美穂子さん
(ブレッドジャーナリスト)
お問い合わせはこちら >>

東京生まれ。おいしいパンとそれをつくる人びとを取材する一方で、日常の食事の愉しみ、bread+something good(パンと何かいいもの)を提案する日々。関連企画のコーディネート、執筆多数。総合情報サイトAll Aboutではパンのガイドを務める。著書に『おいしいパン屋さんのつくりかた』(ソフトバンククリエイティブ)『日々のパン手帖~パンを愉しむsomething good』(メディアファクトリー)。
[ウェブサイト]:Bread JournalAll About(パン)レッツエンジョイ東京FacebookInstagram

[近況報告]
12月に10年ぶりに本を出します。『BAKERS おいしいパンの向こう側』(実業之日本社)
パンを通して知る、つくり手の想いや生きかた。おいしいパンの向こうにある、さまざまな物語を綴りました。
(17.12.5)

達人・清水美穂子さんのおすすめ

お取り寄せの達人TOPへ
【ご注意】
記載されている情報は2015年06月11日現在のものです。
掲載当時から情報が変更されている場合・すでに商品が購入できない場合がございます。
ご了承ください。
 
メルマガ登録

※ご登録の際は、個人情報取り扱い同意書に同意のうえ、ご登録いただきます。

メールマガジンについて、詳しくはこちら

貴ショップ&商品、掲載しませんか?
【ショップ運営のみなさま】 貴店の逸品を「おとりよせネット」に掲載しませんか。 掲載ご希望の方はこちら