滝村雅晴さん(パパ料理研究家・株式会社ビストロパパ 代表取締役)のおすすめ!

チェック

手間を惜しまない本場ドイツの味を再現。25年以上のロングセラーソーセージ。

おいしそうおいしそう!11
手作りの食品にはストーリーがある。
嶋田ハムの25年以上愛されている「ポークソーセージ」がそうだ。

匠の技で練り合わせた具材は、手作業によって羊腸に詰められる。そのひと手間がパリッとした食感を生む。
薪を使って直火で3時間焼き上げられる手間のかけよう。すべては美味しいソーセージを作るため。
もちろん大量生産はできない。

味わうには、ソーセージを直火で焼くかボイルするのがいい。
ドイツから直輸入した各種スパイスが調合されており、日本に居ながらにして本場の味を楽しませてもらった。
色や形も綺麗。焼きたてにマスタードをつけて楽しむ。ボイルしてプチプチの食感を楽しむ。
秋田県大仙市に仕事で行ったときに教えてもらった「嶋田ハム」。
本場ドイツのバーデンビュルテンブルグ州と秋田は、気候風土が似通っているとか。

美味しいものに出会いたければ、地元の人に聞くのが一番だ。

おいしそう!と思ったらクリック♪

11

おいしかったらクリック♪

17件

滝村雅晴さん
(パパ料理研究家・株式会社ビストロパパ 代表取締役)
お問い合わせはこちら >>

「パパが料理をすることで、家族が幸せになる」世の中づくりのために、日本で唯一の「パパ料理研究家」として、料理教室、メディアでの連載・出演、一澤信三郎帆布コラボエプロン・子供用エプロン販売など、パパ料理の普及・啓蒙活動を行う。ブログ「ビストロパパ ~パパ料理のススメ~」は1600日以上連続更新中。
[ウェブサイト]:ビストロパパ・オンラインショップオフィシャルブログ「ビストロパパ ~パパ料理のススメ」株式会社ビストロパパ「絵本ごはん」プロジェクト日本パパ料理協会公式HPNHKラジオ第一「すっぴん!」パパっとパパ料理家庭内魚食推進プロジェクト 47fish(ヨンナナフィッシュ) Facebookページ47fishオンラインストアパパ飯士たちのパパ料理日誌「飯士の包丁~父飯日誌~」毎日投稿中!ビストロパパのインスタグラム

[近況報告]
日経新聞でも紹介された、自宅のキッチンで料理を学ぶパパの料理塾オンライン。毎週末開催中。ネットで学びその場で質問、家族と食べる。新しい学びのスタイルです。法人・自治体・団体向けも実施中です。

■パパの料理塾オンライン
https://www.bistropapa.jp/juku
(20.09.25)

達人・滝村雅晴さんのおすすめ

お取り寄せの達人TOPへ
【ご注意】
記載されている情報は2013年12月03日現在のものです。
掲載当時から情報が変更されている場合・すでに商品が購入できない場合がございます。
ご了承ください。
 
メルマガ登録

※ご登録の際は、個人情報取り扱い同意書に同意のうえ、ご登録いただきます。

メールマガジンについて、詳しくはこちら

貴ショップ&商品、掲載しませんか?
【ショップ運営のみなさま】 貴店の逸品を「おとりよせネット」に掲載しませんか。 掲載ご希望の方はこちら