白木あきこさん(ウェルネスフードクリエーター)のおすすめ!

チェック

甘ーい蜜がジュワッとしみ出す琉球王朝の伝統銘菓

おいしそうおいしそう!6
私の好みをよく知る友人からいただいた「きっぱん」と「冬瓜漬」のセット。その希少性に驚き、美味しさに心震え、ことにこの冬瓜漬は2020年に出会ったベストスイーツとなったのでした。

沖縄が大好きで毎年のように訪ねていますが、こんな珍しいお菓子があることはまったく知りませんでした。

元々興味を持っていた沖縄宮廷料理のデザートのひとつだったことも面白く、沖縄の食文化の深さに改めて感動するばかりです。

「謝花きっぱん店」は、300年ほど前に中国から沖縄に伝えられたという、琉球王朝の伝統銘菓「きっぱん(橘餅)」と「冬瓜漬」のふたつを唯一作り続けているお店。

一般人がこれらを食べることができるようになったのは、明治以降のことだそうです。それほど高貴で特別なお菓子だったのですね。

実は今回、店名にもなっているきっぱんと冬瓜漬、どちらをメインにご紹介しようかととても悩みました。

きっぱんはまわりが砂糖でコーティングされていますが、中は沖縄の柑橘の香気を閉じ込んださっぱりとした味わいで、見た目ほど甘くありません。デザートというより、むしろおもてなし料理の一品として、前菜のひとつとしてお出しすると良さそうだなと思いました。

ところが冬瓜漬はびっくりするほど甘いのです。でもその甘さがまたたまらないのです。名前を聞かなければこれが何でできているのか、想像もつきません。

冬瓜はただ、柑橘が使われた蜜をたっぷりと含んで存在しているだけ。薄く切って口にいれ、ひとくち噛むとジュワーッとその蜜が口中にほとばしるようにしみ出るのです! 95%が水分と言われる冬瓜の、水分がすべてこの蜜に置き換わっているに違いありません。

見た目からはまったく想像のできない、食べたことのない食感と甘みに「甘い、甘すぎる」と思いながらもつい、ひとくちでは収まらなくなってしまいます。

蜜のカタマリのようなのに、きっぱん同様どこかさっぱりしています。柑橘のなせるワザなのでしょうか。

嬉しいのはこの美味しさを、冷凍してしばらく楽しめること。冷凍したほうがむしろ私は好きです。その秘伝の製法を想像してみるのもまた楽しいものです。

ふたつをセットで取り寄せることもできるので、ギフトにはもちろん、料理にデザートにとそれぞれを使ってみるのも良さそう! 現地のお店にもいつか訪れてみたいですね。

おいしそう!と思ったらクリック♪

6

おいしかったらクリック♪

2件

白木あきこさん
(ウェルネスフードクリエーター)
お問い合わせはこちら >>

2000年に立ち上げたグルメサイトを2020年春「美食道.com」にリニューアル。分子栄養学、ローフード、認知症予防等を学び、新たに「ウェルネスフーズラボ」「認知症予防食.com」を立ち上げる。安全な美味にこだわり、美と健康のためのウェルネスフード研究と食レッスンを行っている。
[ウェブサイト]:美食道.com

[近況報告]
ステイホームで毎日がお取り寄せ日和となった昨春でしたが、やっぱりリアルな旅での美味との出会いには特別な思いが宿りますね。また旅に出られる日を心待ちにする春です。
(21.03.08)

達人・白木あきこさんのおすすめ

お取り寄せの達人TOPへ
【ご注意】
記載されている情報は2021年03月08日現在のものです。
掲載当時から情報が変更されている場合・すでに商品が購入できない場合がございます。
ご了承ください。
 
メルマガ登録

※ご登録の際は、個人情報取り扱い同意書に同意のうえ、ご登録いただきます。

メールマガジンについて、詳しくはこちら

貴ショップ&商品、掲載しませんか?
【ショップ運営のみなさま】 貴店の逸品を「おとりよせネット」に掲載しませんか。 掲載ご希望の方はこちら