香取薫さん(インド・スパイス料理研究家 有限会社食スタイルスタジオ代表取締役)のおすすめ!

チェック

夏は鱧、鱧は京都、京都なら和久傳・・・夏の特上です

おいしそうおいしそう!14
仕事でインド料理ばかり食べている私が、自宅に帰りホッと安心して、ひとくちだけ軽く夕飯を食べたいとき・・・
最高のとっておきのお茶漬けを頂くことにしています。
それはこれ以上は無いと言う贅沢なひととき。

お茶漬け?と思うかもしれませんが、鰻か穴子か鱧(はも)、この3つの素材を佃煮にしたものでいただくお茶漬けは絶品です。

味はしみじみとどこまでも余韻が残り、香りは鼻腔を抜けて、歯ごたえ噛みごたえもあり、何よりも素晴らしいダシが出ます。
わたしにとってはこれぞ日本の味であり醍醐味。

その中で鰻と穴子はだいたい年中なにかしらいいものが有りますが、鱧だけは夏限定です。

これを京の老舗の和久傳さんのおとりよせで用意しておけば、どんなにキツく忙しい仕事でも、そのあとの自宅でのお楽しみを思えばがんばれてしまうほど。

私も50歳代となり和の贅沢が癒しのポイントとなりました。

9月末までの販売です。
暑い夏に、どうぞ。

おいしそう!と思ったらクリック♪

14

おいしかったらクリック♪

57件

香取薫さん
(インド・スパイス料理研究家 有限会社食スタイルスタジオ代表取締役)
お問い合わせはこちら >>

料理教室キッチンスタジオペイズリー主宰。インド料理、スリランカ料理、アーユルヴェーダ料理を広めるために研鑽の日々。多くのカレー店主や料理家、インストラクターを育てる。著書『はじめてのインド家庭料理』講談社『家庭で作れるスリランカのカレーとスパイス料理』、『家庭で作れる南インドのカレーとスパイス料理』河出書房新社、他多数。TV出演「キユーピー3分クッキング」など。
[ウェブサイト]:キッチンスタジオペイズリーFacebooktwitter

[近況報告]
2018年11月、デリーから飛行機で北へ向かい更に車で山道をヒマラヤ方面に3時間の山岳地帯の英語も通じない農村に料理修行に行ってきました。水道もガスもなく火力は薪。初心に還る実りある旅でした。
(18.12.10)

達人・香取薫さんのおすすめ

お取り寄せの達人TOPへ
【ご注意】
記載されている情報は2015年06月09日現在のものです。
掲載当時から情報が変更されている場合・すでに商品が購入できない場合がございます。
ご了承ください。
 
メルマガ登録

※ご登録の際は、個人情報取り扱い同意書に同意のうえ、ご登録いただきます。

メールマガジンについて、詳しくはこちら

貴ショップ&商品、掲載しませんか?
【ショップ運営のみなさま】 貴店の逸品を「おとりよせネット」に掲載しませんか。 掲載ご希望の方はこちら