TOMOKOさん(家庭料理研究家)のおすすめ!

チェック

熟成赤身もも肉の旨味を堪能!黒毛和牛のたたき風レアステーキ

おいしそうおいしそう!18
実りの秋になると自然と食欲が増し、私の場合は面白いものでなぜか肉々しいものが食べたくなります。普段はどちらかと言えば魚が主で、肉系にはあまりそそられないのに、この時期ばかりは別で、野性味あふれる赤い肉の塊に惹かれるなんて不思議なものですよね。

そんな私が出会ったのが、こちら創業百二十余年、いにしえの古都・奈良にある黒毛和牛A5専門店「うし源本店」の『雅 –MIYABI STEAK』です。長期低温熟成した黒毛和牛もも肉を特殊製法で焼き上げたレアステーキで、牛たたき風として赤身肉の香りと旨味を堪能することが出来ます。

一般的にステーキや焼き肉では、脂ののったサーロインや霜降りの高級ロース肉が好まれ、その溶けた脂肪の甘味を含めて楽しむことが多いと思いますが、牛肉は脂肪の融点が高いため、温めずにたたき風として食す場合は、冷たいがゆえに口の中で脂肪が溶け難く後味が悪くなりがち。こちらの『雅–MIYABI STEAK』は脂肪分が少ない「もも肉」を使用することでそういったことが無いように考えられています。ココが一番のお勧めポイントで、脂が前面に出て肉本来の味を邪魔することなく、また「もも肉」ならではの確かな食感も楽しめるので、最後まで飽きずにしっかりした赤身肉の旨味を噛みしめられるんですよ。

脂肪が少ないと聞くと、パサパサなのでは?と気になるところですが、そこは適度な霜降りのもも肉が使われているので、ジューシーさを損なわず、舌の上で程よく溶け芳醇な香りが広がるように工夫されています。

お客様からの注文を受けてから、肉の大きさや形、質やサシの入り具合などの特性を見極めて、一つ一つ丁寧に火入れするという点も嬉しいですよね。

お勧めの食べ方は付属のさっぱりしたつゆに大根おろしを添えていただくこと!シンプルに食すことで、専門店の目利きがとことんこだわったA5ランクの黒毛和牛の美味しさを、ダイレクトに味わえます。

また華やかな商品ですから、ちょっと目先を変えてパーティーメニューとして、上質のオリーブオイル、岩塩、パルミジャーノ・レッジャーノをかけて即席カルパッチョにしても喜ばれますよ。

和風、洋風にと使い勝手の良い商品ですが、いずれにしても手を掛け過ぎず素材そのものを味わってください!

おいしそう!と思ったらクリック♪

18

おいしかったらクリック♪

6件

TOMOKOさん
(家庭料理研究家)
お問い合わせはこちら >>

おとりよせネット開設時よりスタッフとして関わり、「TVおっかけ隊」や「おとりよせ暮らしのプチ・レシピ」の連載を担当すること丸8年。平日は中堅サラリーマンとしてせっせと働く、週末限定の兼業料理研究家です!
[ウェブサイト]:レシピブログ連載「TOMOKOのはたらくあなたとわたしへ ほっこりかんたんおつまみ」

[近況報告]
この猛暑の中、我が家の冷蔵庫が壊れました(涙)。18年も使ったんだから仕方ないと思いつつ、なぜ今なのよ、とつい恨み節。急いでネットで注文し、翌日に届けてもらいました。冷蔵庫もお取り寄せ出来る時代に感謝!
(18.08.06)

達人・TOMOKOさんのおすすめ

お取り寄せの達人TOPへ
【ご注意】
記載されている情報は2015年11月19日現在のものです。
掲載当時から情報が変更されている場合・すでに商品が購入できない場合がございます。
ご了承ください。
 
メルマガ登録

※ご登録の際は、個人情報取り扱い同意書に同意のうえ、ご登録いただきます。

メールマガジンについて、詳しくはこちら

貴ショップ&商品、掲載しませんか?
【ショップ運営のみなさま】 貴店の逸品を「おとりよせネット」に掲載しませんか。 掲載ご希望の方はこちら