TOMOKOさん(家庭料理研究家)のおすすめ!

チェック

毎日でも食べたくなるやさしい味。むちむち、もっちりの水餃子

おいしそうおいしそう!10
料理研究家の按田優子さんが2012年代々木上原にオープンした「按田餃子」はカウンター席をメインに構成されたこぢんまりしたかわいいお店。お店の造作も働く方の装いもどこか昔の中国の家庭料理屋さん(ってこんな感じだったんだろうなぁ~)を思わせるレトロかわいい雰囲気。駅から徒歩2分ほどとアクセスの良さもあり、女性一人でもリラックスして入れる素敵なお店です。

私もこの春に近所に越してから、有機ハトムギ粉配合の自家製の皮に包まれたぼってり水餃子や、名物ラゲーライス(ラゲーとはきくらげの愛称だそうで、きくらげをメインに柔らかく煮た豚肉や玉ねぎなどのたくさんの具をご飯とまぜまぜして食べるもの。なんと1日に必要な栄養がこの一皿で摂れるそうですよ!)を目当てに、連日のように通っていますが、とにかくその味や醸し出す雰囲気にノックアウトされたファンの方が多く、行列に並ばなければなりません。

店頭で持ち帰りも可能ですが、そんな有名店の味がお取り寄せできることは意外と知られていないので、今回ご紹介させていただきます。

こちら按田餃子さんの水餃子はとてもユニークで、まず皮がぽってりしていて薄い小麦色をしています。これは皮に殻ごと粉末にした有機ハトムギが配合されているからで、ハトムギは美肌や血液浄化に効果があると言われているんですって。「女性にやさしい餃子」をというコンセプトでお店を始められたそうですが、なるほどこういうところにその想いが表れているんですね。

また今回セットになっている4種の餃子の具材もシンプルながら個性的な顔ぶれで、鶏肉「白菜と生姜」、鶏肉「香菜と胡瓜」、豚肉「大根と搾菜」、豚肉「カレー風味と人参」となっています。私もその日の気分や体調で好みが変わったりしますが、安定して好きなのが鶏肉「香菜と胡瓜」。ほんのり感じる“香菜”の風味がクセになりますよ。いずれも厚みのある皮でまあるく丁寧に包まれており、噛みしめるほどに皮と具材が渾然一体となり味が広がります。

また秀逸なのが、自家製の3種の調味料「按田餃子のタレ」「味の要」「豆鼓ミックス」(いずれも発酵黒生姜入)。中でも私のお気に入りは「味の要」です。

香菜や生姜、にんにくに、ターメリックやクミンなどが配合され、複雑なスパイスの味となっていますが、お店の説明を引用させていただくと、“「シルクロードを逆走」の心意気をスパイスで表現”しているそうです(笑)。水餃子に少しのせると、肉の味に深みが増し、異国情緒が急に漂うので、興味を持たれた方はぜひお試しください!

そしてこれらの調味料は水餃子だけではなく、料理全般に使えるのがミソで、これまたお店の説明をお借りすると「仕上がりに自信のない料理にひと振り」(笑)。それだけでいつもの料理がぐっと美味しくなっちゃうお助け調味料だったりするのです。どこまで女性に優しいんでしょう!!

その染みる味に、その素敵なコンセプトに、魅了されて癒される。ぜひこの世界感ごとご自宅で味わってみてください。

おいしそう!と思ったらクリック♪

10

おいしかったらクリック♪

6件

TOMOKOさん
(家庭料理研究家)
お問い合わせはこちら >>

おとりよせネット開設時よりスタッフとして関わり、「TVおっかけ隊」や「おとりよせ暮らしのプチ・レシピ」の連載を担当すること丸8年。平日は中堅サラリーマンとしてせっせと働く、週末限定の兼業料理研究家です!
[ウェブサイト]:レシピブログ連載「TOMOKOのはたらくあなたとわたしへ ほっこりかんたんおつまみ」

[近況報告]
引っ越しのため1年ほどこの「達人のおすすめ」のコーナーへの執筆をお休みさせていただいておりました。またご縁があって再開することが出来てとても嬉しいです! 引き続き宜しくお願いします。
(19.11.29)

達人・TOMOKOさんのおすすめ

お取り寄せの達人TOPへ
【ご注意】
記載されている情報は2019年11月29日現在のものです。
掲載当時から情報が変更されている場合・すでに商品が購入できない場合がございます。
ご了承ください。
 
メルマガ登録

※ご登録の際は、個人情報取り扱い同意書に同意のうえ、ご登録いただきます。

メールマガジンについて、詳しくはこちら

貴ショップ&商品、掲載しませんか?
【ショップ運営のみなさま】 貴店の逸品を「おとりよせネット」に掲載しませんか。 掲載ご希望の方はこちら