北村貴さん(フードマーケッター・フードソムリエ主宰)のおすすめ!

チェック

保存食から、旬を活かした生鮮食品へと進化したお漬物

おいしそうおいしそう!20
子供の頃、我が家ではお漬物が毎日食卓にあり、季節によって大根はたくわん、べったら漬、粕漬け、醤油漬けと姿を変える定番品でした。加えてキュウリの浅漬け、白菜漬、なすのからし漬け、しば漬けなどなど……多様な漬物が食卓に並んでいたことを思い出します。

しかしそんな食習慣は1人暮らしを始めると大きく変わり、お漬物を食べる機会はガクッと減ってしまったのです。ところが不思議なものですね……、家族が増えるとまた「お漬物」が食卓にのぼるようになってきました。もしかすると食卓を囲む人数とお漬物にはなんらかの因果関係があるのかもしれません。

さて、ご紹介するのは、あらゆる「漬けたモノ」を扱われるお店・漬蔵さんの商品です。魚であれば西京漬や粕漬、肉であれば塩麹漬や塩漬、変わったところではしらすのオイル漬けなどなど……。「漬ける」をコンセプトにしたユニークなお店です。今回はそのラインナップの中からも少し変わり種の野菜のお漬物をご紹介します。

漬物と聞くと塩分を気にされる方も多いのではないかと思います。漬蔵さんが取り扱う野菜お漬物は全て、大阪黒門市場の「伊勢屋商店」で手作りされたもの。120年の歴史を誇る伊勢屋は伝統を守りつつも常に新しいことに挑戦し続けており、「保存食」としての漬物を「旬を活かした生鮮食品」へと進化させ、フレッシュ感豊かな「手前漬」を提案しています。

セットに入っている4種の中でも私の一番のおすすめは「山芋柚子」。シャクシャクとした食感に柚子の香り。大根とはまた違った山芋のコクと食感の面白みがあります。そのまま食べるのはもちろんですが、カットしてしゃぶしゃぶした豚肉とあわせたり、細かく刻んでお蕎麦にあわせるなどの楽しみ方もできます。

また「セロリの浅漬け」はまるでピクルス! これもご飯にあわせるのはもちろん、そのまま薄くスライスしてサラダに入れても美味ですし、同梱の「ワインらっきょう漬け」と一緒に細かく刻んでマヨネーズと和えれば即席のタルタルに! 「がごめ昆布白菜漬」は、定番の白菜漬にねばねば成分が多いがごめ昆布とゆずを使っており、スッキリしているのに旨味が深い食べごたえある一品です。

そのまま食べるイメージが強いお漬物ですが、漬蔵のお漬物は食感や鮮度を重視しているため比較的賞味期限が短いものが多いのです。もし残ってしまいそう……となったときは、料理の調味料的役割として使ってみるのも面白いですよ!

おいしそう!と思ったらクリック♪

20

おいしかったらクリック♪

7件

北村貴さん
(フードマーケッター・フードソムリエ主宰)
お問い合わせはこちら >>

美味しいものを探求する心は誰にも負けないマーケッター。20年間の東京生活を経て、2004年Uターン。その後2007年に(株)グロッシーを設立し、プロ料理家160人がレシピを提案するサイト「フードソムリエ」を運営している。
[ウェブサイト]:フードソムリエ料理家ネット一般社団法人日本味育協会

[近況報告]
食と地域のセミナーを専門に承るサイト「食セミナー.net」をOPENしました。
http://food-seminar.net/
(19.11.12)

達人・北村貴さんのおすすめ

お取り寄せの達人TOPへ
【ご注意】
記載されている情報は2019年05月21日現在のものです。
掲載当時から情報が変更されている場合・すでに商品が購入できない場合がございます。
ご了承ください。
 
メルマガ登録

※ご登録の際は、個人情報取り扱い同意書に同意のうえ、ご登録いただきます。

メールマガジンについて、詳しくはこちら

貴ショップ&商品、掲載しませんか?
【ショップ運営のみなさま】 貴店の逸品を「おとりよせネット」に掲載しませんか。 掲載ご希望の方はこちら