甲斐みのりさん(文筆家)のおすすめ!

チェック

自社農園で育てたくだもので作る、カバ印のアイスキャンディー

おいしそうおいしそう!27
あまおう(いちご)、甘夏、マンゴー、ミルク、抹茶、サイダー、チョコ、小豆……。自社農園で栽培しているフルーツなどを主な材料に、福岡県柳川市で色とりどりのアイスキャンディーを作る「椛島氷菓」。

数年前から都内をはじめ各地のセレクトショップや食料品店で見かけるようになり、出会ったらそのたび違う味を求めて味わい、すっかりファンになりました。

アイスキャンディーを包むビニール袋に描かれた、カバ印のマークも愛嬌があって大好きですが、何より心惹かれるのは、果汁を絞りそのまま凍らせて固めたような濃厚さ。

ムシムシ暑い外気の中、ひんやり体を涼ませてくれる甘いアイスをほおばるひととき、プールや、祖父母の家、家族旅行など、子どもの頃の夏休みの懐かしい出来事が思いおこされます。アイスって、大人をノスタルジーに誘う不思議な魅力がありますね。

椛島氷菓の母体となっているのは、米、麦、大豆、マンゴーやバナナなどの南国フルーツや、稲藁・麦藁などの栽培・販売をおこなう「杏里ファーム」。

もともとい草の栽培から始まり、少しずつ農作物を作るようになって、それからお米、果物と手がけるものが増え、稲わらの加工や、果物を使ったジェラートやアイスキャンディーと広がりを見せていったそう。

お取り寄せをし、「冷凍庫にアイスキャンディーが入っている」と思うだけで、その日一日頑張ることができるほど。

それから私は子どもの頃から、夏の間だけと言わず、冬でも暖かい部屋の中で、お風呂上がりに冷たいアイスキャンディーを食べることに至福を感じてきました。

直売所がある杏里ファームにも、雰囲気のある昔ながらの民家を活かした椛島氷菓にも、いつか訪れてみたいです。

おいしそう!と思ったらクリック♪

27

おいしかったらクリック♪

79件

甲斐みのりさん
(文筆家)
お問い合わせはこちら >>

旅、散歩、お菓子、手みやげ、クラシックホテルや建築、雑貨や暮らしなどを主な題材に、書籍や雑誌に執筆。著書は『地元パン手帖』『お菓子の包み紙』など35冊以上。
[ウェブサイト]:Louletwitter

[近況報告]
『歩いて、食べる 東京のおいしい名建築さんぽ』が原案のドラマ「名建築で昼食を」が放送中です。
(20.09.11)

達人・甲斐みのりさんのおすすめ

お取り寄せの達人TOPへ
【ご注意】
記載されている情報は2020年07月28日現在のものです。
掲載当時から情報が変更されている場合・すでに商品が購入できない場合がございます。
ご了承ください。
 
メルマガ登録

※ご登録の際は、個人情報取り扱い同意書に同意のうえ、ご登録いただきます。

メールマガジンについて、詳しくはこちら

貴ショップ&商品、掲載しませんか?
【ショップ運営のみなさま】 貴店の逸品を「おとりよせネット」に掲載しませんか。 掲載ご希望の方はこちら