この特集は終了しました。
現在の商品詳細や価格につきましては、各商品ページにてご確認ください。

<開催中の特集一覧はこちら>

松浦達也さんが実食!極上ローストビーフ特集

お取り寄せできる「ローストビーフ」を、肉のプロでもある松浦達也さんにご試食いただきました。

ローストビーフは火入れや味付け、肉の種類でも大きく味が変わるもの。

ちょっと贅沢したいときのお取り寄せや、ギフト選びの参考にしてみてください。松浦さんの感想は必見です!

※2021年11月現在の情報

松浦達也さん (フードアクティビスト/ライター/編集者)

調理の仕組みや科学、食文化史などを踏まえ、料理誌・一般誌・新聞・書籍・Webまで幅広く執筆・編集を手がける。テレビ等で食トレンドやニュース解説も。著書『大人の肉ドリル』は肉好きのバイブルとしてロングセラーに。他『新しい卵ドリル』(以上マガジンハウス)、『ハイボールとつまみ』(主婦の友社 ※監修)や、共著も審査員をつとめるレストラン年鑑『東京最高のレストラン』(ぴあ)ほか多数。マンガ大賞選考員、日本BBQ協会公認BBQ上級インストラクターでもある。

【A5ランク】レアな火入れ具合で、3種の部位の個性を味わう

内もも、ロース、バラの3種類がブロックでそれぞれ真空パックで届く。上品ながらも、きちんと肉の味がする内ももの出来は出色。バラはサシの味わいが前面に立つなど、それぞれの肉の個性がはっきり出ている。火入れがレア目でやわらかいので、切るのは冷蔵庫から出したての締まった状態で。2種類ついてくるソースの個人的お気に入りは玉ねぎわさびソース!(松浦さん)

A5ランクのローストビーフ食べ比べお試しセット(前バラ肉・内もも肉・サーロイン)のサブ画像

ワインのお供や、ご飯に合わせても。お店の味を自宅で再現。

詳しく見る
A5ランクのローストビーフ食べ比べお試しセット(前バラ肉・内もも肉・サーロイン)の画像

【仙台牛】赤身の美味しさを堪能!アレンジのしやすさも◎

カット済みでそのまま食卓に上げることができ、ベースの塩胡椒の味つけもしっかりしているので、タレをつけなくても楽しめる。仙台牛らしい、口溶けの良さと赤身の淡い味わいが活かされていて、400gと見た目の重量感もしっかり。ローストビーフサンドなど調理の具材にも向いている。(松浦さん)

最高級A5ランク仙台牛 プレミアムローストビーフ400gのサブ画像

解凍するだけで食べられるので、手軽に楽しめます。

詳しく見る
最高級A5ランク仙台牛 プレミアムローストビーフ400gの画像

【6大ブランド牛】盛り上がる!食べ比べできる贅沢さ

神戸ビーフ、松阪牛、近江牛、宮崎牛、仙台牛、米沢牛という6種類のブランド和牛の食べ比べができる。6種類が小分けになっていて、1種、2種という少量でも楽しめるし、盤面が小さいので切り出しやすく、その分多くの種類が食べ較べられる。肉ごとに味の違いがはっきりしているので、ホームパーティーの盛り上げツールとしても楽しめる。(松浦さん)

6大ブランド和牛食べ比べローストビーフセットのサブ画像

各50gで食べきりサイズ。個包装で種類もわかりやすい。

詳しく見る
6大ブランド和牛食べ比べローストビーフセットの画像

【奥出雲和牛】オリジナルレシピで火入れも肉質も本格派

三ツ星シェフ、ダニエル・マルタン氏が生んだレシピによるローストビーフは、肉質、調理とも文句なし。シンプルな包装で取り扱いやすく、塊からも切り出しやすい。ソースはついていないものの、肉自体にスパイス&ハーブのフレーバーが効果的に取り入れられた本格的なローストビーフ。火入れや肉質の安定感も非常にすぐれている。(松浦さん)

奥出雲和牛のプレミアムローストビーフ モモのサブ画像

淡いブルーの箱に入って届きます。ギフトとしても◎。

詳しく見る
奥出雲和牛のプレミアムローストビーフ モモの画像

【黒毛和牛】絶妙な火入れで、濃厚な肉の旨みが広がる!

加熱しすぎることなく、濃厚な肉質を活かしきった火入れは肉味濃厚で好印象。細かく入ったサシも肉の味わいを底上げしている。濃厚な味の肉に対して、醤油ベースの濃厚な味わいがよく合っている。薄く切って酒のつまみによし、白飯や麦飯にもよく合う。ローストビーフ丼などにもうってつけ。(松浦さん)

黒毛和牛希少部位(ザブトン)極上ローストビーフ300gのサブ画像

別添えでソース付き。パッケージも高級感あり。

詳しく見る
黒毛和牛希少部位(ザブトン)極上ローストビーフ300gの画像