平岩理緒さんが紹介する、人気店の定番スイーツ特集

【vol.1】アンリ・シャルパンティエの「フィナンシェ」

現在は全国に90店舗以上もあり、その人気の高さがうかがえます。その中でも、4年連続でギネス世界記録™に認定された「フィナンシェ」が看板商品。「年間販売個数において世界一売れているフィナンシェ」なんだそう。これは話のネタにもいいですね。

フィナンシェのサブ画像

銀座メゾン店では、本格的なテーブルデザートの実演も楽しめます。

詳しく見る

【vol.2】クラブハリエの「バームクーヘン」

「クラブハリエ」のしっとり、ふんわり生地のバームクーヘンに驚いた方も多いはず。店舗では、バームクーヘンを焼き上げる厨房の様子が見られます。個包装の食べきりサイズから、ホールサイズまで種類も様々。用途に合わせて選べますよ。

バームクーヘンのサブ画像

便利な個包装のミニサイズも

詳しく見る

【vol.3】小ざくらや一清の「おほほっ」

季節のフルーツを包んだお餅は、農家から直接仕入れたフルーツを使っています。一番人気の苺は、7年間探し続けたこだわりの苺を使っているんだとか。「中の苺の何とも甘いこと!」と平岩さんも大絶賛!

おほほっのサブ画像

9月~翌6月頃は、紀州産「みかん」も登場します。

詳しく見る

【vol.4】銀のぶどうの「衣しゃ」

2002年10月から販売されている「衣しゃ」。丁寧に折りたたまれた繊細な形状は、平岩さんも見てみたい!という「プリエ製法」という特許も取っている専用マシンによってつくられています。どうやって作られているのか、見てみたいですね。

衣しゃのサブ画像

季節によって様々な味が楽しめるのも嬉しい。

詳しく見る

【vol.5】フランセの「果実をたのしむミルフィユ」

横浜の拠点から、表参道に本店がオープンとなった「洋菓子のフランセ」。いちご、レモン、ピスタチオ、ジャンドゥーヤの4種のミルフィユが楽しめるセット。華やかなパッケージで、常温で持ち運びにも便利。一年を通して手土産に喜ばれるスイーツです。

果実をたのしむミルフィユのサブ画像

オシャレで華やかなパッケージが目を引きます。

詳しく見る