小笠原由貴さん(チーズライター・パン教室「ラ・ナチュール」主宰)のおすすめ!

チェック

春~夏が旬!柏の葉に包まれた、可愛くて優しい味の山羊乳チーズ

おいしそうおいしそう!13
動物たちが出産シーズンを迎える春。三良坂フロマージュの山羊たちも出産を迎え、2月のピーク時には赤ちゃん山羊が毎日の様に産まれます。そして、出産を終えたお母さん山羊たちは仔山羊のためにミルクを出すようになりますが、そのミルクをお裾分けしてもらってのチーズ作りが始まるのが3月頃。そんな自然の大きな流れに添うようにしてチーズを作っているのが、広島の三良坂フロマージュの松原さんです。

松原さんのところの山羊たちは、みんな本当に幸せそう!それもそのはず、家畜たちの幸せをいちばん大切にしている松原さんは、自然のままの山に家畜たちを放し、自由に過ごしてもらう″山地酪農”というスタイルを取っています。だから山羊たちは、思い思いに季節の草花を食べたり、遊んだり、お昼寝したり…と気持ちよく過ごしています。

そんなストレスフリーな山羊たちのミルクは、臭みも無くすっきりと自然な味で安全。その貴重な山羊乳を100%使って作っているのが、「フロマージュ・ド・みらさか・シェーブル」です。

パッケージからチーズを取り出すと、ふわっと広がる心地よい柏の香り。さらに柏の葉を開くと、中から現れるのはクリーム色をした円盤状のチーズ。ふっくらと皺の寄った姿は、見るからに柔らかくて美味しそう。産毛のように表皮に生えた白い酵母は 、チーズの旨味をぐんと高めてくれています。ナイフを入れると真っ白な断面が表れ、とろりと柔らかくなった部分がまたまた美味しそう!

食べると優しい酸味とミルクのコクと旨みが広がりますが、シェーブルチーズにありがちなクセのある臭いはありません。柏の葉とミルクの香りが鼻から抜け、味わいの余韻が口中に残って…あぁ、シアワセ!

実はこちらのチーズ、フランスで開催されたチーズの国際コンクール「モンディアル・デュ・フロマージュ」でも金賞を受賞している本格派。私が自信を持ってお薦めできる、最高レベルの逸品です。

春から夏にかけて旬を迎える三良坂フロマージュさんの「フロマージュ・ド・みらさか・シェーブル」。可愛いルックスはプレゼントにもぴったりですし、日常の食卓やホームパーティはもちろん、お花見やピクニック等の行楽でも、ぜひ楽しんでいただきたいチーズです。

※編集部注:電話、ファクス、メールでの注文となります。注文の際は、サイト内に記載のあるご注文方法ページをご確認ください。

おいしそう!と思ったらクリック♪

13

おいしかったらクリック♪

2件

小笠原由貴さん
(チーズライター・パン教室「ラ・ナチュール」主宰)
お問い合わせはこちら >>

旅行会社勤務を経て渡米。ナパバレーやバークレーでの料理修行を通し、地産地消、オーガニック、素材を活かした料理を知る。帰国後、レストランやチーズ専門店で働いた後、パン教室をオープン。Simple & Natural をモットーとするレシピに質の良い食材は欠かせず、美味しいものを求めて、お取り寄せするのはもちろん、国内外の生産者を実際に訪ねている。また、チーズセミナーの講師を務めたり、All About等の媒体でチーズについての記事を執筆。最近では、スウェーデンMATEUS社の食器を販売する“La Table”も運営。
[ウェブサイト]:パン教室“la nature” / All About チーズガイド / Facebook / Instagram / La Table / 酪農ビストロのとろけるチーズレシピ

[近況報告]
春になるとよく作るのが、あんぱん、桜あんぱん、桜餅、ぜんざい…といった、あんこもの。夜な夜な餡を炊いておりますが、本日も5㎏を炊き上げて、達成感一杯な春の日です。
(18.03.20)

達人・小笠原由貴さんのおすすめ

お取り寄せの達人TOPへ
【ご注意】
記載されている情報は2018年03月20日現在のものです。
掲載当時から情報が変更されている場合・すでに商品が購入できない場合がございます。
ご了承ください。
 
メルマガ登録

※ご登録の際は、個人情報取り扱い同意書に同意のうえ、ご登録いただきます。

メールマガジンについて、詳しくはこちら

貴ショップ&商品、掲載しませんか?
【ショップ運営のみなさま】 貴店の逸品を「おとりよせネット」に掲載しませんか。 掲載ご希望の方はこちら