塚田亮一さん(東京餃子通信 編集長)のおすすめ!

チェック

仙台の「雪菜」を使った栄養たっぷりの最強の鍋餃子

おいしそうおいしそう!34
毎日寒い日が続きますが、寒くなると鍋料理が恋しくなりますよね。

というわけで今回は鍋料理に最適な餃子をご紹介したいと思います。

世の中に餃子の種類は数多くありますが、実は鍋料理に向いている餃子にはなかなか出会えません。
鍋用の餃子の選ぶポイントは皮。鍋の中でグツグツ煮込んでも煮崩れしない皮が重要です。

私が鍋料理に合う餃子を色々と探し歩いた結果、ようやくたどり着いたのが蜂屋食品の「仙台あおば餃子」です。
出張で仙台に行った際に駅のお土産店で出会いました。

仙台あおば餃子は、緑色でまん丸の形が特徴。仙台産の「雪菜」をたっぷりと練り込んだ鮮やかな緑色の皮でまん丸に包まれています。見た目も美しいので、色んな具材が入った鍋の中でもすぐに見つかります。皮はかなり厚目のモチモチ食感に仕上げられていて、ヒダのない形状に包まれいるので鍋で煮込んでも煮崩れしないのです。

また皮から雪菜の甘みとホロ苦い独特の味をしっかりと主張してくるので、キムチ鍋や味噌鍋といった味の濃い鍋料理のスープにも負けません。

皮だけではなく餡にも雪菜がたっぷりと使われています。餃子を頬張ると中からも仙台雪菜の甘みと苦味、独特なシャキシャキとした食感が感じられます。この雪菜はカルシウムやビタミンAが豊富に含まれていて栄養面でもかなり優秀な野菜です。更にごま油の代わりにオリーブオイル、お肉は宮城のブランド鶏「森林どり」を採用。低脂肪、低カロリーでありながら栄養タップリな餃子に仕上がっています。

仙台あおば餃子は、鍋に最適な餃子の要素を兼ね備えた、最強の鍋餃子と言っても過言ではありません。

水炊きにも、おでんにも、キムチ鍋にも、どんな鍋にも合う「仙台あおば餃子」。野菜の摂取不足になりがちな冬場、餃子と鍋料理でしっかり野菜を食べて寒さを吹き飛ばしましょう。

おいしそう!と思ったらクリック♪

34

おいしかったらクリック♪

5件

塚田亮一さん
(東京餃子通信 編集長)
お問い合わせはこちら >>

「餃子は完全食」のスローガンのもと、おいしい餃子を求めてどこまでも。首都圏はもとより、宇都宮や浜松などの日本全国の餃子タウン、さらには世界中の餃子風料理を日々食べ歩く餃子のスペシャリスト。「お願い!ランキングGOLD」の餃子のランキングの審査員など、TVやラジオにも多数出演。「マツコの知らない世界」で披露したオリジナルレシピの自作餃子も評判。
[ウェブサイト]:東京餃子通信

[近況報告]
世界中のギョーザ料理をめぐる旅の旅行記「世界まるごとギョーザの旅」で知ったアゼルバイジャンの餃子「ギューザ」が気になってしかたがない今日この頃です。日本と遠く離れた土地で、日本の「餃子」と名前も形状も似た料理があるというのが不思議で面白いですね。
(2017.4.11)

達人・塚田亮一さんのおすすめ

お取り寄せの達人TOPへ
【ご注意】
記載されている情報は2016年12月22日現在のものです。
掲載当時から情報が変更されている場合・すでに商品が購入できない場合がございます。
ご了承ください。
 
メルマガ登録

※ご登録の際は、個人情報取り扱い同意書に同意のうえ、ご登録いただきます。

メールマガジンについて、詳しくはこちら

貴ショップ&商品、掲載しませんか?
【ショップ運営のみなさま】 貴店の逸品を「おとりよせネット」に掲載しませんか。 掲載ご希望の方はこちら