清水美穂子さん(ブレッドジャーナリスト)のおすすめ!

チェック

兵庫県西宮市、夙川にあるハートウォーミングなパン屋さん。

おいしそうおいしそう!26
パンのオンラインショップは、選ぶときに香りがしない分、そこに書かれた説明書きが大切、と常々思っているけれども、ameen's ovenの言葉はピカイチなのですよ。たとえばイングリッシュマフィンはこんなふう。

「まず大きなフォークをにぎって、マフィンの側面をザックザックと突きさし、ひとまわり。ぱっかり割れたら、オーブンへ、こんがり加減は君次第」

パンのひとつひとつに、こんな説明があるから、ワクワクしてしまう。All Aboutパンのベストパン人気投票でも毎回上位にランクインされるこのお店で、いつも注文したくなるのは、このイングリッシュマフィンです。

国産小麦とオーガニックのコーンミールを用い、自家製酵母で手間をかけて発酵させてひとつひとつ焼き上げられる、このパンの食感は軽すぎず、重すぎず、穀物の旨味を感じる生地を噛みしめていると、からだに元気がみなぎってくる感じ。素敵な一日の始まりには、とっておきのパンです!

※編集部より
こちらのパンは1ヶ月~2ヶ月に一度の間隔で予約販売を行っています。 ご了承ください。

おいしそう!と思ったらクリック♪

26

おいしかったらクリック♪

9件

清水美穂子さん
(ブレッドジャーナリスト)
お問い合わせはこちら >>

東京生まれ。おいしいパンとそれをつくる人びとを取材する一方で、日常の食事の愉しみ、bread+something good(パンと何かいいもの)を提案する日々。関連企画のコーディネート、執筆多数。総合情報サイトAll Aboutではパンのガイドを務める。著書に『おいしいパン屋さんのつくりかた』(ソフトバンククリエイティブ)『日々のパン手帖~パンを愉しむsomething good』(メディアファクトリー)。
[ウェブサイト]:Bread Journal / All About(パン) / レッツエンジョイ東京 / Facebook / Instagram

[近況報告]
12月に10年ぶりに本を出します。『BAKERS おいしいパンの向こう側』(実業之日本社)
パンを通して知る、つくり手の想いや生きかた。おいしいパンの向こうにある、さまざまな物語を綴りました。
(17.12.5)

達人・清水美穂子さんのおすすめ

お取り寄せの達人TOPへ
【ご注意】
記載されている情報は2012年03月12日現在のものです。
掲載当時から情報が変更されている場合・すでに商品が購入できない場合がございます。
ご了承ください。
 
メルマガ登録

※ご登録の際は、個人情報取り扱い同意書に同意のうえ、ご登録いただきます。

メールマガジンについて、詳しくはこちら

貴ショップ&商品、掲載しませんか?
【ショップ運営のみなさま】 貴店の逸品を「おとりよせネット」に掲載しませんか。 掲載ご希望の方はこちら