保存版!お取り寄せの達人が教える“マイベスト調味料”おいしい出汁編

和食にかかせない「出汁」。出汁の種類は多く迷ってしまいますよね。そこで今回は、お取り寄せの達人にお気に入りの出汁と、おすすめの使い方を教えてもらいました!“マイベスト出汁”を見つけて、おいしい出汁のある生活を楽しみましょう。(おとりよせネット編集部)
「出汁」と一口に言っても、その種類や出汁の取り方は様々。普段よく使う「昆布だし」「かつおだし」はもちろん、4種類ある「八方だし」や、スープ類に使う「野菜だし」も出汁の一つです。基本として抑えておきたいのは、出汁の取り方と代表的な料理。出汁一つで料理の味が変わるので、和食だけでなく幅広く料理の腕前も上がること間違いなしです。ただ、出汁の取り方は手間がかかるものが多いので、好みの味やよく使う出汁の種類が決まったら、お気に入りのお取り寄せ出汁を見つけるのもおすすめです。

ひと振りで旨味が増す、瓶入り粉だし

小瓶の中には、北海道・利尻島産の天然昆布の粉末と、小さなスプーンが。出汁をとる時間を短縮したい忙しいさなかや、気軽に一人分の味噌汁や焼き飯などを作るときに、あって嬉しい優れもの。塩分はなく、自然の旨味がぎゅっと詰まっているので、ひと振りで料理にぐんと味わいが増します。アレンジも自在で、気軽な贈り物としても。

簡単に少量の味噌汁を作りたいとき水に加えたり、焼き飯や野菜など炒め物に振りかけたり。おかゆや煮物などに旨味を足すこともあります。
生野菜やサラダにぱぱっとふりかければ隠し味に。和洋の料理の縁の下の力持ちとして大活躍。赤ちゃんの離乳食や介護食にも適していると聞きました。

うね乃
粉だし(昆布)
1,026円

何にでも使える、江戸時代から伝わる万能調味料!

最近また注目されている、日本酒に梅干しを入れて煮きる「煎り酒」は、江戸時代の伝統的な調味料。上品な味わいで、醤油よりも塩分が控えめなのも、人気の理由です。その中でもおすすめなのが、あの銘酒「真澄」の煎り酒。美味しいお酒に、昆布、鰹節、干し椎茸の出汁のブレンド具合が絶妙で、とにかく絶品なのです!

「煎り酒」は、何にでも使えちゃう万能調味料。素材の味を邪魔しないので、お醤油のかわりに、煮物や炒め物に。また、白身魚やイカの刺身のつけ汁や、お鍋のつゆとしても。
「煎り酒」の玉子掛けごはんは、もう、感激の美味しさ!ごま油を混ぜて、サラダや豚しゃぶのドレッシングとして使うのもおすすめですよ。

宮坂醸造
煎り酒
1,080円

出汁を変えたら料理がグレードアップ!

岐阜県恵那市の銀の森SHOPの「竈出汁(おくどだし)」は、昔ながらの製法で創り出された“黄金比率ブレンド”のお出汁。素材にこだわり、高知県土佐清水産の宗田節と、熊本県産の焼きあご、モンゴル産の天然結晶岩塩がベース。味に深みと奥行きが出るので、いつものメニューもワンランクアップ!

家庭料理の基本はお出汁。旨みのしっかりした「竈出汁」を使えば、お味噌汁や、煮物、鍋物も、素材の美味しさを引き出してくれるため、お料理上手になった気分。
袋から取り出せば「出汁粉」としても使えるので重宝しています。炒飯や雑炊、和風パスタなど、味も香りも豊かな仕上がりに!

銀の森
竈出汁(おくどだし)5袋入
378円

手軽に本格的な味噌汁が楽しめるお助けの一品!

よくある有名な出汁パックの裏をみてみると、塩分や粉末醤油などの成分が書いてある事が多々あります。もちろんそれはそれで使い勝手がいいのですが、味噌汁には不向き。やはり日常的に食卓に登場する味噌汁に合う出汁パックはないかな?と色々試した結果、元々醤油や味噌醸造を営んでいる井上醤油店さんが醸造醗酵調味料に合うお出汁を考案してくださってました!4種類の節ブレンドが味噌の香りが引き立ててくれて我が家でも大活躍です!

我が家ではやっぱり 味噌汁が定番! この出汁パックと一緒に昆布も入れて出汁を取れば、料亭並みです! 本格的な出汁を取るのってやっぱりめんどくさかったり時間もなかったりしますが、この出汁パックがあれば毎日美味しい味噌汁が飲めます。あとは少し多めにだし汁を取って茶碗蒸しにすれば、あっという間に2品完成!キャベツなど葉物を炒める時には、ごま油と出汁パックの中の粉末とお塩(塩麹があれば更に美味しくなります)でめっちゃ美味しくなります!

井上醤油店
万能 純だし
648円

上質な利尻昆布のおトクな切り落とし

上質な昆布の専門店として知られる「奥井海生堂」。直営店は意外と少なく品物がすべて揃うお取り寄せが便利です。中でも1~2年寝かせることでさらに旨みを増した蔵囲利尻昆布が一番!徳用は昆布にはさみを入れる手間要らずで、たっぷりと普段づかいできるのが魅力。繊細で深みがあり上品なだしをとるのにピッタリです。

おひたしや湯豆腐、薄味の含め煮などだしの味わいを大切にしたい料理に使うため、昆布は前日から水出しして火を入れます。ふだんは使いませんがたまに味噌汁に使うとびっくりするほど美味しいです(笑)。
厚みがあるので、だしをとったあとも刻んで炒め物や和え物に入れたり、佃煮にしたりして無駄なく食べきれますよ。

奥井海生堂
徳用蔵囲利尻昆布切落 100g
648円

こだわりの国産素材を粉末にした、ご家庭用本格だし

おいしいだしの取り方は時間と手間がかかる上、結構難しい作業です。だしは料理の決め手と言われますが、茅乃舎だしは水にだしパックを1袋入れて火にかけ、沸騰したら中火で数分煮出すだけ。お手軽で簡単、しかもとびきりおいしいだしが取れるので感動します。一度使うと、必ず誰かにお薦めしたくなりますよ。

茅乃舎だしを使って、初めて挑戦した料理は「たこ飯」。だしパックを破いて、中身を出して使います。海のものからつくられただしが、海のもののおいしさをしっかり引き立ててくれると実感できる一品です。
また、卵のクリーム色をきれいに活かせる茶碗蒸しもおすすめです。秋には贅沢に栗と松茸を入れてつくります。

茅乃舎だし(8g×30袋入)
茅乃舎
1,944円

まるで“味のオーケストラ”
50種以上の食材を使った贅沢だし

かつお節やさば、昆布、椎茸をはじめ、無農薬野菜や浅草海苔など、50種以上の食材を使ったぜいたくなお出汁です。かつお節を独自の製法で加工した「たたき節」を使い、他にはない上品で爽やかな酸味と深みが味わえます。

「ふりだし」といえば、日本初のティーバッグ型のお出汁として人気。その2倍以上の天然食材が使われていて、このお出汁をご飯にかければ贅沢な「だし茶漬け」がたのしめます。

魚の旨味をぎゅっと凝縮!
お料理にも使える荒削りタイプ

かつおのふし、さばのふし、いわし煮干しなどをバランスよくブレンドした荒削りタイプの和だしです。国産の魚を濃縮した旨味と香りで、お料理の美味しさを引き立てます。無添加・食塩不使用、手軽に本格的なブレンド出汁がひけるので、日常使いにぴったりです。

味噌汁、炊き込みごはん、酢の物など、いつものお料理に加えるだけで、味わい深い美味しさへと仕上げてくれます。荒削りタイプなので、和だしをひいたあとに、ふりかけや炒め物などにアレンジできるのも嬉しいところ。

超お手軽!さっとふりかけるだけ
天然無添加の削り粉のお出汁

粉砕せずに、丁寧に優しく削ってできた無添加の「ふりかけるタイプ」のお出汁。鰹、昆布、飛魚の3種類入りがセットになっています。素材の旨み、風味をそのままに楽しめ、自分好みに自由にブレンドできるのも楽しい!

お味噌汁に振り掛けるだけで味が決まるのはもちろん、和風パスタにも振り掛けるだけで旨みがアップします。出汁の風味でしっかりと味がつくので、塩は控えめに出来るので体にもやさしい味わいになります。