市川歩美さん連載|日本発!人気のチョコ専門店

チョコレートジャーナリストの市川歩美さんが、いま人気の「日本発のチョコ専門店」を紹介している連載。

チョコ専門店と一口にいっても、その特徴は様々。

5歳からチョコレートが大好きな市川さんに、日本全国の有名なチョコ専門店をご紹介いただきます。

【vol.1】三枝俊介シェフが手掛ける「パレドオール」

関西初の本格的なチョコレート専門店「パレドオール」。市川さんのおすすめは、やはり店名にもなっている代表作の「パレドオール」。金沢産の金箔を職人が手で載せて飾っている豪華な仕上がり。市川さんもギフトにぴったりと、お祝いごとの贈りにおすすめしていますよ。

パレドオール 8個入のサブ画像

東京駅の近く、新丸ビルの1階にあります。

詳しく見る

【vol.2】ビーントゥーバー専門店「Minimal(ミニマル)」

カカオは生産地によって個性がでるのですが、その違いを味わえるアイス。ビーントゥーバー専門店の「Minimal」のアイスは、カカオの粒子が混ざっているのも特徴で、ザクサクとした食感も楽しめます。カカオの違いを食べ比べできるのは楽しいですね。夏だけでなく、一年中アイスを食べたくなります。

プレミアムアイスクリーム(6個入り) -リニューアル-のサブ画像

3種類のカカオの違いを食べ比べができる贅沢さ!

詳しく見る

【vol.3】中目黒の「グリーンビーントゥバーチョコレート」

市川さんのおすすめは、夏の限定メニューのビーントゥバーのチョコレートパフェ。あくまでもカカオが主役なので、フルーツは入っておらず、チョコレートを存分に楽しめるチョコ専門店ならではのパフェ。ネットでは、こだわりのビーントゥバーやギフトセットも購入できますよ。

CHUAO、他のサブ画像

ブルーの外観が印象的な、オシャレな中目黒の店舗。

詳しく見る

【vol.4】遠方からのファンも多い「Rozilla」

神戸の三田にある有名な「パティシエエスコヤマ」の敷地内にあるチョコレート専門店「Rozilla」。お店の新作はカシスの新芽や唐辛子などをつかったチョコ。世界的コンクールでも最高評価を獲得し、市川さんも、ショコラに閉じ込められた香りが高いとのこと。これは気になります!

SUSUMU KOYAMA’S CHOCOLOGY 2018、他のサブ画像

店内のボンボンショコラのショーケースは圧巻!

詳しく見る

【vol.5】ケーキも魅力の「LES CACAOS(レ・カカオ)」

2016年11月にオープンした、比較的新しいチョコ専門店。シェフの黒木琢磨さんが、カカオの選定から全てを手掛けてビーントゥバーを作っています。ネットでの注文はできないですが、東京のJR五反田駅から歩いて5分ほどの所にお店があるので、一度立ち寄ってみたいですね。

ビーントゥバー、他のサブ画像

カカオ豆の風味を生かしたビーントゥバー。

詳しく見る

【vol.6】辻口博啓シェフによる「ル ショコラ ドゥ アッシュ」

「スイーツで人々に笑顔を」がモットーの辻口博啓シェフ。日本の伝統素材をつかったショコラなど、新しいチョコレートの可能性を広げています。さらに、銀座の店舗内には、チョコレートを自身で彫刻したオブジェが飾られています。多彩な才能の辻口博啓シェフが手掛けるチョコレート、手土産にぴったりの商品が豊富なので、市川さんもプレゼントとして使っているんだとか。

ルージュ、他のサブ画像

お店にはチョコレートがずらり。一粒からでも購入できます。

詳しく見る

【vol.7】土屋公二シェフによる名店「テオブロマ」

現在のように、チョコレート専門店がまだ日本に多くなかった時代から、チョコレート業界を牽引してきた「土屋公二シェフ」のお店です。2019年3月で20周年を迎えました。 カカオ愛にあふれたシェフは、カカオ生産国に赴き、現地との交流を深めているそうです。チョコレートファンなら、一度は訪れたい名店ですね。

トリュフ、他のサブ画像

「ハチ公」がモチーフのチョコレートクッキーも登場!

詳しく見る