市川歩美さん(ショコラコーディネーター・チョコレートジャーナリスト)のおすすめ!

チェック

サンフランシスコ発-東京・蔵前メイドのビーントゥバーチョコレートを体験して!

おいしそうおいしそう!5
カカオ豆を選ぶ段階から、チョコレートになるまでの全工程を手掛けるビーントゥバーチョコレート。ニュースや雑誌の特集などで話題になって、すっかりメジャーになった感じがします。みなさんも「ビーントゥバー」という言葉、どこかでお聞きになったことがあるのではないでしょうか??

東京・蔵前にある、ビーントゥバーチョコレートの専門店「ダンデライオン・チョコレート ファクトリー&カフェ蔵前」は、言わずとしれた人気店。本店はサンフランシスコにありますが、2016年2月に海外初の店舗を蔵前にオープン。お店に出かけたことがある方ならご存じのとおり、いつもたくさんの人で賑わっています。お店の前に公園があって、心地良くて広々していて、透明感があって。地下鉄にのって、そうだ、今日の午後、蔵前へでかけてチョコレート食べようかな、なんて気分になる自分がうれしいような、私にとってはそんな存在感です。

遠方の方はなかなかお出かけできないかもしれませんが、チョコレートバーがオンラインショップで買えるので体験していただきたいです。ビーントゥバーチョコレートは、カカオの風味の特徴がしっかりと出ていますので、1枚だけでなく、ぜひ2枚以上のお味を比べましょう。その時期ごとにファクトリーがおすすめするチョコレートバーをセットした「チョコレート・コレクション」があるのでぜひどうぞ。2枚セットは、今、蔵前のファクトリーで作られた、トリニダード・トバコ産カカオのバーと、ベリーズ産カカオのバーがセットになっています。

チョコレートのフレーバーの特徴はオンラインショップに丁寧に書かれているので色々読んでみてくださいね。

それにしても例えば、ベリーズ産カカオのバー。今ここにありますが、なんといったらいいのでしょう、、ストロベリーの香りがするんですよね・・・カカオとシュガーしか入っていないのに。不思議!でも楽しい!トリニダード・トバゴ産はスパイスの香りです。カカオだけでスパイスなんて入っていないのに。よく考えるとなんだか面白い!そんなことを実際に体験すると、チョコレートがこれまでよりも、もっともっと楽しくなると思います。

それからチョコレートを包んでいるラッピングペーパーもよいです。手触りがいいいんです。この紙はインドで手作りされていて、デザインはサンフランシスコのダンデライオンチームによるもの。産地に応じたオリジナルパターンをシルクスクリーン印刷しているそうですよ。木のパルプではなく、リサイクルされたコットンを使っているので、ちょっとほかにないあたたかみ、かもしれません。ぜひ、ビーントゥバーチョコレートの楽しさを、実際にバーを手にとって、味わって、感じてみてください。

※編集部注:時期によってラインナップは変更になります。

おいしそう!と思ったらクリック♪

5

おいしかったらクリック♪

0件

市川歩美さん
(ショコラコーディネーター・チョコレートジャーナリスト)
お問い合わせはこちら >>

大学卒業後民間放送局に入社、ディレクターとして数多くの番組を企画・制作。ショコラ愛好家歴は20年以上で、現在は雑誌、ラジオ、TV、情報サイトなどメディア向けのショコラコーディネーターとして活躍。オールアバウトのチョコレートガイドもつとめる。Chocolat Lover's Net* は2003年から続く日本で最も長く続いている人気ショコラ情報専門ブログ。
[ウェブサイト]:Chocolat Lover's Net* / All Aboutチョコレートガイド / Facebook / Twitter / 6月17日(土)トークイベント@たまプラーザ

[近況報告]
お仕事でスイスへ行ってきました。スイスといえばミルクチョコレートが生まれた国。自然が豊かな美しい国、ですよね♪スイスのチョコレートの魅力、再発見の日々です。
(17.6.14)

達人・市川歩美さんのおすすめ

お取り寄せの達人TOPへ
【ご注意】
記載されている情報は2017年04月12日現在のものです。
掲載当時から情報が変更されている場合・すでに商品が購入できない場合がございます。
ご了承ください。
 
メルマガ登録

※ご登録の際は、個人情報取り扱い同意書に同意のうえ、ご登録いただきます。

メールマガジンについて、詳しくはこちら

貴ショップ&商品、掲載しませんか?
【ショップ運営のみなさま】 貴店の逸品を「おとりよせネット」に掲載しませんか。 掲載ご希望の方はこちら