平岩理緒さん(スイーツジャーナリスト)のおすすめ!

チェック

美しく力強く進化した、クリスマス限定の煌めくチョコレートボックス

おいしそうおいしそう!11
「ブルガリ イル・チョコラート」は、創業1884年の老舗宝飾品ブランド「ブルガリ」が、日本と香港のみで展開するチョコレートショップ。1粒ずつ手間ひまをかけて職人が作るチョコレートは、その見事な宝飾品になぞらえて「チョコレート・ジェムズ(宝石)」と称されます。
そんな特別なチョコレート・ジェムズの、今年のクリスマス限定品がこちらの「ナターレ・ボックス2015」。4粒の味は、「パネットーネ」と「フランチャコルタ」の2種が2粒ずつ。

パネットーネといえば、イタリアの人々がクリスマスに贈り合う伝統的な発酵生地のお菓子。シャンパンと同じ製法で作られた発泡酒フランチャコルタもまた、イタリアのクリスマスに欠かせないものです。
そんな2つの味のチョコレート・ジェムズが収められた箱は、クリスマスの星をイメージした、美しい赤に金色が煌めくフィレンツェ産のマーブル紙を使用し、ブルガリのためだけに作られたもの。

「Buon Natale(ボン・ナターレ)」、イタリア語で“メリー・クリスマス”というメッセージが刻まれています。大切な人へのプレゼントとして選びたくなる、特別な一箱です。

この2種類のクリスマス限定チョコレート・ジェムズは、数年前に登場して以来、毎年人気を博してきましたが、実は今年、大きく進化を遂げました。それは、チョコレートを、カカオの原産国である中南米地域で収穫される、希少なトリニタリオ種カカオを使ったものに変更したこと。これにより、カカオのインパクトががつんと印象的な、より味わい深いチョコレート・ジェムズが誕生しました。

「パネットーネ」は、ドライフルーツやナッツを入れて焼くパネットーネのテイストとして、アプリコットとピスタチオ、オレンジピールを細かくして混ぜ込んだホワイトチョコレートガナッシュと、ピエモンテ産ヘーゼルナッツ入りミルクチョコレートガナッシュを重ねた2層を、トリニタリオのカカオ使用のビターチョコレートでコーティング。
「フランチャコルタ」は、フランチャコルタの中でも特に、最高級の“アンナマリア・クレメンティ”を贅沢に使ったビターチョコレートガナッシュを、ビターチョコレートでコーティング。いずれもトリニタリオ種カカオを原料としています。これは、フランチャコルタの老舗メーカー「カ・デル・ボスコ」の創業者マウリツィオ・ザネッラが、母であるアンナマリア・クレメンティ・ザネッラに捧げたもので、桃や洋梨、柑橘類のフルーティーな香りから花やヴァニラの香りが開くと言われる逸品です。カカオの香りと味わいがより豊かになった今季のチョコレートと組み合わせても負けない、芳醇な香りの余韻を残してくれます。

2粒ずつ入っているので、贈った相手と分かち合って味わえるのも嬉しいですね。
クリスマスを待ち望む幸せな気持ちで、一年間頑張ったご褒美にと、大切に1粒ずついただきたいショコラです。

おいしそう!と思ったらクリック♪

11

おいしかったらクリック♪

2件

平岩理緒さん
(スイーツジャーナリスト)
お問い合わせはこちら >>

スイーツ情報WEB「幸せのケーキ共和国」主宰。スイーツジャーナリストとして全国銘菓に精通し、TV・雑誌等各メディアで発信。「All About」スイーツガイドも務める。イベント企画や司会、企業や自治体のスイーツ開発など幅広く活動。セミナーや製菓系学校での講師も務める。TVチャンピオン「デパ地下グルメ選手権」優勝。著書に『東京最高のパティスリー』(ぴあ)、『まんぷく東京 レアもの絶品スイーツ』(KADOKAWA)等。
[ウェブサイト]:幸せのケーキ共和国 / All About スイーツガイド / 『まんぷく東京 レアもの絶品スイーツ』&『東京最高のパティスリー』 / 「NetRICOH」の「全国おすすめ土産」コラム / 月1回おとりよせスイーツ講座2017年7-9月期(横浜)開催募集中 / 監修本『厳選スイーツ手帖』(世界文化社)が7/21発売!

[近況報告]
・監修本『厳選スイーツ手帖』(世界文化社)が7/21発売!
・月1回おとりよせスイーツ講座2017年7-9月期(横浜)開催募集中
(17.8.16)

達人・平岩理緒さんのおすすめ

お取り寄せの達人TOPへ
【ご注意】
記載されている情報は2015年12月03日現在のものです。
掲載当時から情報が変更されている場合・すでに商品が購入できない場合がございます。
ご了承ください。
 
メルマガ登録

※ご登録の際は、個人情報取り扱い同意書に同意のうえ、ご登録いただきます。

メールマガジンについて、詳しくはこちら

貴ショップ&商品、掲載しませんか?
【ショップ運営のみなさま】 貴店の逸品を「おとりよせネット」に掲載しませんか。 掲載ご希望の方はこちら