平岩理緒さん(スイーツジャーナリスト)のおすすめ!

チェック

やさしい気持ちを伝える、花びらのように可憐なチョコレートギフト

おいしそうおいしそう!35
白い箱の蓋を開けると、色とりどりの薄いチョコレートが幾重にもかさなって収められています。「ペタル」はフランス語で“花びら”のことで、「ミルティペタル」とは、様々な花びらという意味。繊細な弧を描いた円形のそれは、まさに、ひらひらと舞い遊ぶ花びらを思わせるやさしい雰囲気。

ピンク、オレンジ、グリーン、白、茶色など全7種類入りで、まるで春のアソートが届いたかのようです。これらの色合いは、あくまで、素材そのものから生まれた自然な色彩。もちろん、香料なども一切使っていません。

こちらの品は、かねてから、安心できる安全な素材を使った、素材本来の味わいを活かすお菓子を追究してこられた小代智紀シェフが、2017年12月に始めたブランド「shodai bio nature」より発売されているもの。人工的・化学的に作られた着色料や香料、食材を極力排除し、国内外のオーガニック食材や、地元の福岡・糸島から佐賀・唐津にかけての農家の方達が丹精込めて作る果実など、生産社の顔の見える素材を探し求め、それらを積極的に使用しています。

ロゼ色は、木苺風味のチョコレートに薔薇の花弁のパウダーをのせて。黄色はマンゴー風味のチョコレートに柚子皮のチップ。緑は有機抹茶チョコレートに玉露。さらに、ミルクチョコレートに乾燥クレープ生地、スイートチョコレートにローストカカオ豆を砕いたニブ、ホワイトチョコレートにジャスミンの花や矢車菊のブルーの花弁と、飾りに使う素材一つ一つに至るまで、ナチュラルなものにこだわっています。

使っているチョコレートも、「フェアトレード(公平貿易)」によるもの。「フェアトレード」とは、発展途上国で作られた作物や製品を適正な価格で継続的に取引することによって、生産者の持続的な生活向上を支えるしくみです。小代シェフは、カカオの苗木の生産や品種改良、加工の指導など、カカオ生産国への様々な援助を行っている、フランス「カオカ社」のフェアトレードチョコレートを使用しています。また、この「カオカ社」のチョコレートは、フランスの有機品規格である「bio」の認証も得ています。フランスのbio認証の審査は厳格で、これを取得していることが、選択の大きな理由だったそうです。

春のギフトシーズンにぴったりのひと箱。卒業や入学、入社といった門出のお祝いの品に。それに母の日など、大切な方に贈りたいですね。紅茶のお供として、1枚ずつゆっくり味わいながら、大切にいただきたいチョコレートです。

おいしそう!と思ったらクリック♪

35

おいしかったらクリック♪

64件

平岩理緒さん
(スイーツジャーナリスト)
お問い合わせはこちら >>

スイーツ情報WEB「幸せのケーキ共和国」主宰。スイーツジャーナリストとして全国銘菓に精通し、TV・雑誌等各メディアで発信。「All About」スイーツガイドも務める。イベント企画や司会、企業や自治体のスイーツ開発など幅広く活動。セミナーや製菓系学校での講師も務める。TVチャンピオン「デパ地下グルメ選手権」優勝。著書に『東京最高のパティスリー』(ぴあ)、『まんぷく東京 レアもの絶品スイーツ』(KADOKAWA)等。『厳選スイーツ手帳』・『厳選ショコラ手帖』(世界文化社)を監修。
[ウェブサイト]:幸せのケーキ共和国 / All About スイーツガイド / 『まんぷく東京 レアもの絶品スイーツ』&『東京最高のパティスリー』 / 監修本『厳選スイーツ手帖』(世界文化社) / 監修本『厳選ショコラ手帖』(世界文化社) / EPARKスイーツガイド「春の新生活応援ケーキ」(~4/30締切)

[近況報告]
「EPARKスイーツガイド」で、「春の新生活応援ケーキ」を監修。首都圏8店舗の人気パティスリーに、WEBで予約しお店で受け取れる特別な限定ケーキを作っていただきました。(注文締切:2018年4月30日)
(18.04.04)

達人・平岩理緒さんのおすすめ

お取り寄せの達人TOPへ
【ご注意】
記載されている情報は2018年03月22日現在のものです。
掲載当時から情報が変更されている場合・すでに商品が購入できない場合がございます。
ご了承ください。
 
メルマガ登録

※ご登録の際は、個人情報取り扱い同意書に同意のうえ、ご登録いただきます。

メールマガジンについて、詳しくはこちら

貴ショップ&商品、掲載しませんか?
【ショップ運営のみなさま】 貴店の逸品を「おとりよせネット」に掲載しませんか。 掲載ご希望の方はこちら