達人おすすめのお取り寄せの逸品│お取り寄せの口コミサイト おとりよせネット

この特集は終了しました。
現在の商品詳細や価格につきましては、各商品ページにてご確認ください。

<開催中の特集一覧はこちら>
チーム・シェフコンクールに出品された約100商品の中から、お取り寄せの達人が実際に食べて選んだ、全国の美味しい逸品をご紹介♪ どのお取り寄せ品も、達人が唸るおいしさです。(おとりよせネット編集部)
複雑な味の中に、しっかり感じるホタテの旨味が食欲をそそります。白いご飯に、焼きおにぎりに、野菜スティックなど、さまざまなものと合わせて使える調味料なので、常備しておきたい一品です。

 

パッケージもセンスが良く、贈り物にも使えますね。
いわしの缶詰は多々ありますが、白焼きはとても珍しいです。

 

銚子産の脂の乗った真いわしを塩と酒だけで味付け。鰻の白焼きのようにとっても身がふっくらしていて、骨まで食べられるのが素晴らしい。いわし臭さもなく、薄味でわらかい食感に感動。アツアツご飯に乗せて食べてみて。
生糀(ササニシキ1等米を100%)を使い、アルコールも0%なので、お子様の飲み物としても安心。使いやすいサイズ感もよく、お砂糖感覚で、牛乳に入れたりヨーグルトと合わせてもよいですね。

 

たくさんの糀商品の中でも癖のないすっきりした味わいで、糀初心者の方でも取り入れやすい味。体力の落ちやすい季節に、毎日取り入れてみるのもおすすめです。
黒ごま、きなこ、アーモンド。健康や美容の味方とされる、和洋の食物繊維や植物性脂質が合体。なんて贅沢!

 

やわらかな粉末状で、ふりかけ、サラダのトッピング、メインディッシュのソースに加えて、アイスクリームやヨーグルトにと、前菜からデザートまで利用価値は無限大です。
高級魚で、地域性も強く、市場に並ぶこともほとんどないグエを家で食べられるのは素晴らしい。「受け取る場所があれば、みんなが平等に美味しいを共有できる」というお取り寄せならではの商品です。

 

鍋が定番ですが、これはお刺身も食べられて、まるで専門店丸ごと届くような、ワクワクして待つ気持ちもあがるお取り寄せですね。
幻の本グエ(入門編)
15,000円/株式会社 紀伊長島

※お電話かFAX、メールでのご注文となります

日本で唯一、夕張メロンの名称が許されたリキュールは、夕張メロンの果肉がたっぷりで、まるでメロンドリンクのよう。

 

400年の歴史ある南イタリアの伝統酒「リモンチェッロ」の製法を活かして作られており、アルコール度数が高いのに、まろやかな香りと口当たりは、まさしく夕張メロン!
ずっと楽しみたいと思うアロマのような香り。甘さも控えめで、確かに人参とレモンそのものの味なのですが、ぜひ人参嫌いのお子様や野菜が苦手な方にも試してほしい。これを機に人参を食べてみようかなと思うかも。素材だけでこの色合いを実現しているのもいいですね。

 

「人参愛」が感じられるコンフィチュールで、ぜひヨーグルトや食パンを焼かずにそのまま乗せたり、シンプルに味わってほしいです。
黒にんにくの最高峰ともいわれるフルーツガーリックの粒とペーストが入った蜂蜜、他は丹後産の塩だけというシンプルさ。蜂蜜特有の後味の甘さに黒酢のような酸味が合うと、こんなにスッキリするとは!

 

ジャム代わりに、紅茶に加えて、ワインとともに、そしてステーキの隠し味にも!元気がない日はスプーン一杯分をそのままどうぞ。
京都といえばお漬物。それが香ばしく焼かれたおにぎりと一体化しているので食べやすく、食も進みます。味付きで炊き上げたご飯を使っているので、どこを食べてもしっかり味があり、おかずいらず。

 

食欲の落ちやすい季節や、忙しい朝食、小腹がすいた時の夜食など食べたくなるシーンも多いでしょう。京都のお米と京都のお漬物を使うことで、ご当地感もありますね。
何層にも重ねて作る独自製法により、もっちり弾力がある、とても珍しいゆば。まろやかな身延の天然水で洗った大豆の上品な香りも、美味しさを引き立てています。好きな形に切ることができるので皿上に置いておいておけば、パーティでもシェアしやすいですね。そのままはもちろん、煮焼きも簡単です。

 

汲み上げゆばはとてもおいしいのですが、しばらくすると離水します。この角ゆばはそんなこともなく、最後までおいしく食べられるのがうれしいですね。

自分が感じた「美味しい」、お取り寄せ生活の楽しさをひとりでも多くの友人たちに伝えたい、一緒に共有したい、という思いで、ブログ・雑誌・ラジオ・セミナーなどで活動中。

フードプロデューサー・大学講師・食輝塾主宰・日本箸文化協会代表。食から凛と生きる教室「食輝塾」主催。TV・ラジオにもレギュラー出演中。

岸朝子さんや野崎洋光さん、江森宏之さんなど、世界に名だたるシェフや気鋭の若手シェフが集い、地域活性化支援を行うプロジェクトチーム「チーム・シェフ」。地域や食材の魅力のアピールする場を作ったり、さまざまな販路での流通を実現するための取り組みを行っています。
そのひとつとして、さまざまなパートナー企業とともに、多くの農産品、農産加工品のPRや流通機会を創出すべく開催されているのが「チーム・シェフコンクール」です。これまで多くの商品が受賞し、多くのメディアなどで取り上げられています。